試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041119426

家康謀殺

  • 著者 伊東 潤
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041119426

情報戦を勝ち抜き、戦国の世を生き延びろ! 臨場感MAXの戦国時代小説

天下の簒奪を企む徳川家康は、豊臣家を滅ぼすべく大坂城攻略に乗り出した。出陣の前日、伊賀者の吉蔵は警固隊長から、輿かきの中に刺客が紛れ込んでいると知らされる。大御所様の命は、そなたに懸かっている。吉蔵は紛れ込んだ刺客を見破り、家康を守り抜くことができるのか。桶狭間から大坂の陣まで、手に汗握る情報戦を網羅した、鬼気迫る合戦連作集。悪魔の石を巡る攻防を描いた短編「ルシファー・ストーン」特別収録!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

「雑説扱い難く候」……桶狭間合戦、加賀一向一揆
「上意に候」……小牧・長久手の戦い、秀次事件
「秀吉の刺客」……文禄・慶長の役
「陥穽」……関ヶ原合戦
「家康謀殺」……大坂の陣前夜
「大忠の男」……大坂の陣
「ルシファー・ストーン」……本能寺の変

メディアミックス情報

NEWS

「家康謀殺」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【速読】小林書店で、購読。日本史の戦国時代を俯瞰できる小説であり、面白かった。史料をフンダンに読み込んで、よく練られた作品だ。桶狭間から大坂の陣を描いた作品におまけがついている。 【速読】小林書店で、購読。日本史の戦国時代を俯瞰できる小説であり、面白かった。史料をフンダンに読み込んで、よく練られた作品だ。桶狭間から大坂の陣を描いた作品におまけがついている。
    garakuta@読書とゲームの愛好家
    2022年03月01日
    18人がナイス!しています
  • そうだなあ。解説の安部龍太郎氏が言うように、伊東潤氏の小説は、細かいところまで行き届いている。歴史小説の王道を行く作者なんだなあ。 桶狭間の戦いから大坂夏の陣(なぜ春としないのかな?)までを短編で描く そうだなあ。解説の安部龍太郎氏が言うように、伊東潤氏の小説は、細かいところまで行き届いている。歴史小説の王道を行く作者なんだなあ。 桶狭間の戦いから大坂夏の陣(なぜ春としないのかな?)までを短編で描く。さらに、海外のキリスト教と信長を交えた特別収録版まで。よくもこんな構成を考えるなあ、と感心しきり。 ただ、結果は変わらないから、経過を愉しむものなんだけど、最後は「さもありなん」ですねえ。 あと、伊東氏と言えば、関東北条家です。そのイメージが強いせいか、ちょっと違和感があるんだなあ。勝手な思い込みだけど。 …続きを読む
    くらーく
    2022年04月16日
    3人がナイス!しています
  • 歴史時代小説として十分面白かった。しかし、さらにミステリーとしても、表題作の「家康謀殺」は面白かった。最後の「ルシファー・ストーン」か意外に面白かった。伊東潤さすが、という感じ。 歴史時代小説として十分面白かった。しかし、さらにミステリーとしても、表題作の「家康謀殺」は面白かった。最後の「ルシファー・ストーン」か意外に面白かった。伊東潤さすが、という感じ。
    勝也成瀬
    2022年04月13日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品