試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年04月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
408
ISBN:
9784041121696

天下を買った女

  • 著者 伊東 潤
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年04月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
408
ISBN:
9784041121696

私は戦う。武力を超える「銭」の力で。

室町幕府の力が衰えた乱世の時代。八代将軍の足利義政に嫁いだ日野富子は「銭」すなわち「経済」の力で平和をもたらすことを決意する。俊英・伊勢新九郎らの知識を借りて幕府の立て直しを目指すが、未曾有の戦「応仁の乱」が勃発。戦を鎮めようと奔走する富子の努力が、家族である足利の男たちとの間にも亀裂を生んでいく。孤独な闘いの果てに、富子が手に入れたものとは?
北条政子と並び立つ、「強き御台所」日野富子。応仁の乱を鎮めようとした悪女の実像を描く歴史巨編。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 かくれなき美婦人
第二章 花の御所
第三章 悪しき女
第四章 戦乱の果て

メディアミックス情報

NEWS

「天下を買った女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 伊東 潤は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。日野富子は知っていますが、彼女が主人公の物語は初読です。凄まじい時代を生きた女傑の物語、「天下を買った女」というよりも「貸金業の女」でした(笑) h 伊東 潤は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。日野富子は知っていますが、彼女が主人公の物語は初読です。凄まじい時代を生きた女傑の物語、「天下を買った女」というよりも「貸金業の女」でした(笑) https://www.kadokawa.co.jp/product/322109000594/ …続きを読む
    starbro
    2022年05月26日
    189人がナイス!しています
  • 室町カネゴン、稀代の守銭奴にして悪女。それが日野富子の印象(大河では三田佳子さん。人物相関がややこしくて途中で見るのやめましたが)。力を蓄えた大名と権勢欲にまみれた幕閣が牛耳る応仁の世。もはや将軍の威 室町カネゴン、稀代の守銭奴にして悪女。それが日野富子の印象(大河では三田佳子さん。人物相関がややこしくて途中で見るのやめましたが)。力を蓄えた大名と権勢欲にまみれた幕閣が牛耳る応仁の世。もはや将軍の威厳も塵芥。荒れる都に飢える民。そんなカオスな時代。御台所・富子の役割は…。財務大臣から街金まで。スーパーマネープロデューサーの劇中の彼女。それでいて慈愛に溢れ乙女な面も。聡明だったことは確かでしょうが、ホントの素顔はどうだったのでしょう。戦国時代に加速させたのか、僅かな静謐に助力したのか。趣のある一冊でした。 …続きを読む
    とん大西
    2022年06月07日
    123人がナイス!しています
  • 日野富子の生涯を描いた作品。読んでみて富子本人や応仁の乱の元凶になった史実は知っていたが、それ以外の生涯については知らない事が多く、本書を読んで改めて知る事が多かった。応仁の乱は、富子が足利義政との間 日野富子の生涯を描いた作品。読んでみて富子本人や応仁の乱の元凶になった史実は知っていたが、それ以外の生涯については知らない事が多く、本書を読んで改めて知る事が多かった。応仁の乱は、富子が足利義政との間に最初三人の女児を生み、その後で男児を生んだところからその跡継ぎ問題が事の始まりだが、本当の事情はかなり複雑で、読んでいても難しかった。歴史上の悪女のイメージが強かったが、実際は経済にも明るく、当時の世の平和を願っていた人物だと知り、印象がかなり変わった。伊東さんの描く人物はいつも分かり易くて良い。 …続きを読む
    のぶ
    2022年05月10日
    92人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品