家康謀殺

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784041080412
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

家康謀殺

  • 著者 伊東 潤
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784041080412

裏切者たちの哀歌! 戦国時代の合戦や主要事件を網羅した珠玉の合戦連作集

信長、秀吉、家康――。天下人が仕掛ける情報戦。翻弄された男たちの悲運とは。
桶狭間合戦から大坂の陣までを鮮烈に描いた、戦国小説の新たな金字塔!

文芸評論家 縄田一男、激賞!
「最後に向かって何度、男泣きしたことか。名作の誕生である」

養父・秀吉に振り回され続けた秀次。己の人生とは何か? 悩める彼の許に家康の使者が現れ――(「上意に候」)。天下統一の目前、豊臣征伐に赴く家康へ刺客が放たれた。暗殺者は家康の輿を担ぐ者の中にいる――。それを炙り出せと密命を受けた伊賀の忍・吉蔵が行軍の旅路で見たものとは(「家康謀殺」)。
戦国時代の合戦や主要事件を網羅し、その光と闇を暴く珠玉の六篇。
歴史小説界の旗手・伊東潤の集大成短編集がここに!

「雑説扱い難く候」……桶狭間合戦、加賀一向一揆
「上意に候」……小牧・長久手の戦い、秀次事件
「秀吉の刺客」……文禄・慶長の役
「陥穽」……関ヶ原合戦
「家康謀殺」……大坂の陣前夜
「大忠の男」……大坂の陣


メディアミックス情報

NEWS

『家康謀殺』小説テーマソング「ルシファー・ストーン」by金属恵比須

「家康謀殺」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「秀吉の刺客」「大忠の男」などは、二時間ドラマにしてほしいなあ。映画やドラマは、大物がどうしても主役になるが、小物だが、スポットを当てたドラマがあったら新機軸だったりして。伊東潤氏の「大坂の陣」もの 「秀吉の刺客」「大忠の男」などは、二時間ドラマにしてほしいなあ。映画やドラマは、大物がどうしても主役になるが、小物だが、スポットを当てたドラマがあったら新機軸だったりして。伊東潤氏の「大坂の陣」ものは、他のものもよいもの「男がすたる」があるので、組み合わせて映像化してくれないかなあ。司馬氏の「関ヶ原」「城塞」を読んだので、晩年の家康、興味深い。「直虎」で、若い頃の家康を知り、一度、通して家康を読んでみたい。伊東潤氏の短編はやはり面白い。「巨鯨の海」のように連作で1冊になっていたらいいなあ。 …続きを読む
    のぶのぶ
    2019年07月14日
    37人がナイス!しています
  • 素晴らしい戦国時代短編集。戦国の世で、人物や出来事、かたちのないものに翻弄されて裏切った人々。時に弱く、流され、追い詰められ、落ちぶれて。それでも最後の意地はある。男たちのそれぞれの選択。誤りはある、 素晴らしい戦国時代短編集。戦国の世で、人物や出来事、かたちのないものに翻弄されて裏切った人々。時に弱く、流され、追い詰められ、落ちぶれて。それでも最後の意地はある。男たちのそれぞれの選択。誤りはある、後悔はある、それでも生きて進んだ男たちがいる。その生き様が面白い。中でも、ミステリー要素のある表題作『家康謀殺』が好き。それぞれの出自が明かされていく中で刺客が浮かび上がる。 …続きを読む
    サケ太
    2019年06月30日
    22人がナイス!しています
  • 桶狭間合戦から大坂の陣までを描いた裏切りと戦略のに奔放される戦国小説全篇。「秀吉の刺客」がよかった。 桶狭間合戦から大坂の陣までを描いた裏切りと戦略のに奔放される戦国小説全篇。「秀吉の刺客」がよかった。
    ekoeko
    2019年07月12日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

伊東 潤(いとう じゅん)

1960年横浜市生まれ。「小説 野性時代」で「悪しき女 室町擾乱」、「本の旅人」で「もっこすの城 熊本築城始末」を連載中。

この著者の商品

最近チェックした商品