もっこすの城 熊本築城始末

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784041092866
ニコカド祭り2020

もっこすの城 熊本築城始末

  • 著者 伊東 潤
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784041092866

熊本城に生涯を賭した築城家の一代記、感涙必至の戦国ロマン!

藤九郎、わしと一緒に日本一の城を築いてみないか――。
織田信長の家臣・木村忠範は本能寺の変後の戦いで、自らが造った安土城を枕に壮絶な討ち死にを遂げた。遺された嫡男の藤九郎は家族を養うため、肥後半国の領主となった加藤清正のもとに仕官を願い出る。父が残した城取りの秘伝書と己の才知を駆使し、清正の無理な命令に応え続ける藤九郎――。戦乱の世に翻弄されながらも、次から次に持ちあがる難題に立ち向かう藤九郎は、日本一の城を築くことができるのか。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「もっこすの城 熊本築城始末」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「城は戦うためにあらず、民を守るためにある。」、無理難題に知恵を使って、仲間を生かして、新しい改善策を生み出していく。初めは父親(先代)が残した秘伝書をもとにしていくが、徐々に離れていく。時代も流れ 「城は戦うためにあらず、民を守るためにある。」、無理難題に知恵を使って、仲間を生かして、新しい改善策を生み出していく。初めは父親(先代)が残した秘伝書をもとにしていくが、徐々に離れていく。時代も流れ経験も増え、秘伝書を越えていく。技術を継承する大切さを知る。背中を見て、人がついてくる。山本兼一さんの「火天の城」とセットで読みたいのと、伊東潤氏の薩摩藩シリーズを読んでいくと関連が出て面白い。著者の日本を造った人を描く思いが貫いている。秀吉による朝鮮の役の様子を知る本。読了後、表紙に繋がる演出が素晴らしい。 …続きを読む
    のぶのぶ
    2020年10月18日
    37人がナイス!しています
  • 「本の旅人」2019年2月~7月「カドブンノベル」2019年9月~12月連載。木村次郎左衛門忠範(織田家の普請奉行、安土城の城取り、安土城で討死)の嫡子・木村藤九郎秀範の一代記。父から《城取りの秘伝書 「本の旅人」2019年2月~7月「カドブンノベル」2019年9月~12月連載。木村次郎左衛門忠範(織田家の普請奉行、安土城の城取り、安土城で討死)の嫡子・木村藤九郎秀範の一代記。父から《城取りの秘伝書》を託された藤九郎は、加増による加藤清正の募兵考試に応募、無事仕官。菊池川の治水の軍配に抜擢、以後、田原坂の構築、肥前名護屋城、朝鮮半島の西生浦城と蔚山城の築城に携わった。苦難の帰国後、熊本城の築城。しかし、藤九郎は道半ばで。熊本城築城小説ではなく藤九郎の生涯を通じ、城取りは普請作事で命を懸ける使命を描く作品 …続きを読む
    ゆりのき
    2020年10月19日
    24人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ お城に関する著作も多い著者だから書ける一作のように思えた。熊本城に人生を賭けた男・木村藤九郎の一代記。父の残した城取りの秘伝書に頼りながらも、やがては自分なりの道を見つけてゆく。随所に見ら ★★★☆☆ お城に関する著作も多い著者だから書ける一作のように思えた。熊本城に人生を賭けた男・木村藤九郎の一代記。父の残した城取りの秘伝書に頼りながらも、やがては自分なりの道を見つけてゆく。随所に見られる城作りの知識も相まって非常に面白い。堅苦しくなりそうなところも、描くところは描き、無駄は削ぎ落としたような文章で一気に読めた。著者なりの熊本復興への熱い思いも込められたような気もした一冊。 …続きを読む
    そうたそ@吉
    2020年10月21日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品