もっこすの城 熊本築城始末

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784041092866

もっこすの城 熊本築城始末

  • 著者 伊東 潤
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784041092866

熊本城に生涯を賭した築城家の一代記、感涙必至の戦国ロマン!

藤九郎、わしと一緒に日本一の城を築いてみないか――。
織田信長の家臣・木村忠範は本能寺の変後の戦いで、自らが造った安土城を枕に壮絶な討ち死にを遂げた。遺された嫡男の藤九郎は家族を養うため、肥後半国の領主となった加藤清正のもとに仕官を願い出る。父が残した城取りの秘伝書と己の才知を駆使し、清正の無理な命令に応え続ける藤九郎――。戦乱の世に翻弄されながらも、次から次に持ちあがる難題に立ち向かう藤九郎は、日本一の城を築くことができるのか。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「もっこすの城 熊本築城始末」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白いプロジェクト物の歴史小説だった。戦国ロマンですね。主人公は木村藤九郎という本能寺の変後に自ら築いた安土城を枕に討ち死にした織田信長の家臣、木村忠範の息子。その人物の一代記の物語。肥後への赴任を前 面白いプロジェクト物の歴史小説だった。戦国ロマンですね。主人公は木村藤九郎という本能寺の変後に自ら築いた安土城を枕に討ち死にした織田信長の家臣、木村忠範の息子。その人物の一代記の物語。肥後への赴任を前に加藤清正の家臣として召し抱えられる。タイトルから分かる通り、熊本城を築城する話だがそれが展開するのは後半で、前半では領内の治水工事や築城や、秀吉の朝鮮出兵で清正とともに朝鮮半島に渡り、頭角を現す。帰国後、熊本城の築城が始まる。城は完成するのか?仕事や研究熱心の男の活躍に胸を打たれた作品だった。 …続きを読む
    のぶ
    2020年11月11日
    85人がナイス!しています
  • 父の残した貴重な城取りに関する資料と弛まない努力をし、人々から慕われる優しく謙虚な人柄の木村藤九郎秀範が、戦さから民を守るための最強の城を作る。最後は涙ぐみながら表紙を見直した。加藤清正がいいなぁ。 父の残した貴重な城取りに関する資料と弛まない努力をし、人々から慕われる優しく謙虚な人柄の木村藤九郎秀範が、戦さから民を守るための最強の城を作る。最後は涙ぐみながら表紙を見直した。加藤清正がいいなぁ。
    ポチ
    2020年11月01日
    59人がナイス!しています
  • 「城は戦うためにあらず、民を守るためにある。」、無理難題に知恵を使って、仲間を生かして、新しい改善策を生み出していく。初めは父親(先代)が残した秘伝書をもとにしていくが、徐々に離れていく。時代も流れ 「城は戦うためにあらず、民を守るためにある。」、無理難題に知恵を使って、仲間を生かして、新しい改善策を生み出していく。初めは父親(先代)が残した秘伝書をもとにしていくが、徐々に離れていく。時代も流れ経験も増え、秘伝書を越えていく。技術を継承する大切さを知る。背中を見て、人がついてくる。山本兼一さんの「火天の城」とセットで読みたいのと、伊東潤氏の薩摩藩シリーズを読んでいくと関連が出て面白い。著者の日本を造った人を描く思いが貫いている。秀吉による朝鮮の役の様子を知る本。読了後、表紙に繋がる演出が素晴らしい。 …続きを読む
    のぶのぶ
    2020年10月18日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品