試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784044005894

読書と人生

  • 著者 寺田 寅彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784044005894

科学啓蒙家の顔を持つ寅彦の「読書論」「人生論」等29篇収録。

近代市民精神の発見であると共に、寅彦随筆の転換ともなった「丸善と三越」をはじめ、「読書論」「人生論」「科学者とあたま」「科学に志す人へ」「わが中学時代の勉強法」「『徒然草』の鑑賞」等29篇収録。解説・角川源義、若松英輔。

もくじ

読書論(十章)
人生論(十八章)

案内者
学問の自由
読書の今昔
わが中学時代の勉強法
科学に志す人へ
科学者とあたま
一つの思考実験
ジャーナリズム雑感
レーリー卿
マルコポロから
アインシュタインの教育観
『徒然草』の鑑賞
人の言葉――自分の言葉

丸善と三越
鸚鵡のイズム
浅草紙
春寒

『左千夫歌集』を読む
『氷魚』を読みて
『地懐』を読みて
『あらたま』雑感
藤原博士の『雲』
『芭蕉連句の根本解説』に就て
岡田博士の『測候瑣談』
科学的文学の一例
『ギリシャとスカンディナヴィヤ』
『漱石襍記』について

メディアミックス情報

NEWS

「読書と人生」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 頭のいい人の言葉なのに(だから?)頭の悪いわたしにもわかるような文。易しいのに情緒があって、たおやかな感じがする。 以下、この人の本を読もう!と思ったきっかけ。正確でない抜粋。p16-17「電車の中で 頭のいい人の言葉なのに(だから?)頭の悪いわたしにもわかるような文。易しいのに情緒があって、たおやかな感じがする。 以下、この人の本を読もう!と思ったきっかけ。正確でない抜粋。p16-17「電車の中で本を読んでいると、突然『琉球泡盛酒』という文字が頭の中に現われたが、本の頁をいくら探してもそんな文字は見つからない。たぶん電車の窓から外を眺めたときにどこかの看板の文字が眼について不思議な錯覚で書物の中へ『投込んだ』ものらしい。…人間の頭脳のたよりなさはこの一例からでもおおよそ想像がつく」 …続きを読む
    hass
    2020年12月31日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品