試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044005887

ピタゴラスと豆

  • 著者 寺田 寅彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044005887

晩年の昭和8~10年までに発表した科学の新知識を提供する作品を収録。

「結局自分に入用なものは、品物でも知識でも、自分で骨折って掘出すよりほかに途はない」(「錯覚数題」)。科学と文学をあざやかに融合させた寺田寅彦。随筆の名手が、晩年の昭和8年から10年までに発表した科学の新知識を提供する作品を収録する。表題作をはじめ、「錯覚数題」「夢判断」「三斜晶系」「震災日記より」「猫の穴掘り」「鷹を貰い損なった話」「鳶と油揚」等23篇。解説・角川源義、鎌田浩毅

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

蒸発皿
記録狂時代
言葉の不思議
錯覚数題
KからQまで
初冬の日記から
猫の穴掘り
変った話
マーカス・ショーとレビュー式教育
庭の追憶
ピタゴラスと豆
山中常盤双紙
鷹を貰い損なった話
喫煙四十年
鳶と油揚
夢判断
鴉と唱歌
自由画稿
随筆難
糸車
震災日記より
三斜晶系
埋もれた漱石伝記資料

解説・角川源義、鎌田浩毅

メディアミックス情報

NEWS

「ピタゴラスと豆」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【図書館本】 初・寺田寅彦。夏目漱石門下の1人である物理学者が晩年に発表した作品の随筆集。 専門的な物理な話ばかりではない。 日常生活からの着眼点が面白くて、表題からとてもかけ離れた話題にさらりと変え 【図書館本】 初・寺田寅彦。夏目漱石門下の1人である物理学者が晩年に発表した作品の随筆集。 専門的な物理な話ばかりではない。 日常生活からの着眼点が面白くて、表題からとてもかけ離れた話題にさらりと変えるのに違和感を抱かせない文章力が凄い。 他の作品も読んでみたいと思った1冊。 …続きを読む
    黒猫
    2022年01月19日
    3人がナイス!しています
  • 名前だけ知っていて読んだことがなかったので題名が面白そうな一冊を手に取ってみたら、最晩年の随筆集だった。確かに読ませる文章なのだが、内容はとりとめない、という印象(『自由画稿』のはしがきが内容のまとめ 名前だけ知っていて読んだことがなかったので題名が面白そうな一冊を手に取ってみたら、最晩年の随筆集だった。確かに読ませる文章なのだが、内容はとりとめない、という印象(『自由画稿』のはしがきが内容のまとめのよう)。「哲学者列伝」はそのうち読みたい …続きを読む
    mft
    2021年11月04日
    3人がナイス!しています
  • 関東大震災の1週間前から始まる「震災日記より」はこれだけでも読む価値があるのではないだろうか。 角川源義、鎌田浩毅2名の解説が合わせて23頁ありこれもなかなか面白い。その解説にあるように寺田寅彦の科学 関東大震災の1週間前から始まる「震災日記より」はこれだけでも読む価値があるのではないだろうか。 角川源義、鎌田浩毅2名の解説が合わせて23頁ありこれもなかなか面白い。その解説にあるように寺田寅彦の科学教育への思いが滲み出た作品が多く、今読んでも「おっしゃる通り」と呟いてしまう。 …続きを読む
    surucucu
    2020年11月30日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品