試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年05月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044005856

銀座アルプス

  • 著者 寺田 寅彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年05月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044005856

科学随筆の名手による短文集の傑作。「鼠と猫」「珈琲哲学序説」等30篇。

「宗教は往々人を酩酊させ官能と理性を麻痺させる点で酒に似ている。そうして、珈琲の効果は官能を鋭敏にし洞察と認識を透明にする点でいくらか哲学に似ている」(「珈琲哲学序説」)。近代文学史に輝く科学随筆の名手による短文の傑作選。写生文を始めた頃から昭和8年まで、寅彦の鳥瞰図ともいうべき作品を収録する。表題作および「電車と風呂」「鼠と猫」「石油ランプ」「流言蜚語」「病院風景」等30篇。
解説・角川源義、有馬朗人

もくじ

イタリア人
まじょりか皿
電車と風呂
田園雑感
鼠と猫
ある日の経験

断片 1
雑記
ある幻想曲の序
石油ランプ
解かれた象
鑢屑
流言ひ語
議会の印象
路傍の草
断片 2
備忘録
仁科狂想行進曲
化物の進化
野球時代
映画時代
ステッキ
ロプ・ノールその他
北氷洋の氷の破れる音
鉛をかじる虫
銀座アルプス
珈琲哲学序説
空想日録
病院風景

解説・角川源義、有馬朗人

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「銀座アルプス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 友人本 寺田寅彦は科学と文学を融合させた人物だ、と誰が書いたのか忘れてしまいましたが、まさにその通りだと思います。知性と品の良さ、そして飄々とししつつも真摯な人柄が見える、素敵な随筆集です。巻末の角川 友人本 寺田寅彦は科学と文学を融合させた人物だ、と誰が書いたのか忘れてしまいましたが、まさにその通りだと思います。知性と品の良さ、そして飄々とししつつも真摯な人柄が見える、素敵な随筆集です。巻末の角川源義氏の解説(寅彦を中心としているが、あちこち話が飛ぶのでハッキリ言ってかなり読みにくい)、さらにその後の解説 有馬朗人氏の2人ともが「団栗」に言及していますが、本書に「団栗」は未収録なのです。ここだけはめっちゃ残念。 …続きを読む
    鱒子
    2020年10月26日
    63人がナイス!しています
  • 著者は明治生まれの人なので、文体が少々古くさいのは致し方ないが、題材の面白さ、鋭い人間観察など、さすがは随筆の名手と思わせる文章が多い。 帝国議会を傍聴したときの様子なんか、いつの時代も議会の議事は変 著者は明治生まれの人なので、文体が少々古くさいのは致し方ないが、題材の面白さ、鋭い人間観察など、さすがは随筆の名手と思わせる文章が多い。 帝国議会を傍聴したときの様子なんか、いつの時代も議会の議事は変わらないようで興味深かった。 …続きを読む
    yambou215
    2020年06月17日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品