試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年05月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044005863

科学歳時記

  • 著者 寺田 寅彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年05月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044005863

科学と文学を調和させた独自の随筆集。「春六題」「簑虫と蜘蛛」等39篇。

「このごろはしばらく「世界の夕凪」である。いまにどんな風が吹き出すか、神様以外には誰にも分りそうもない」(「夕凪と夕風」)。初期から晩年まで、季節を主題にした随筆作品を歳時記風に掲載。生きる世界を俳諧に見出し、科学と融合させた独自の短文集。文学的随筆の代表作として著名な「団栗」「竜舌蘭」をはじめ、夏目家の文章会以前の「祭」「車」「窮理日記」「凩」等、全39篇を収録する。解説・角川源義、竹内薫

もくじ

病室の花
春六題
簑虫と蜘蛛
雑記帳より

五月の唯物観
竜舌蘭
やもり物語
花物語
小さな出来事
芝刈
さまよえるユダヤ人の手記より

烏瓜の花と蛾
涼味数題
夕凪と夕風
藤棚の蔭から
疑問と空想
家鴨と猿
物売りの声
海水浴



窮理日記
鴫つき
球根
秋の歌
颱風雑俎


団栗
森の絵
病院の夜明けの物音
凍雨と雨氷
藤の実
追憶の冬夜
枯菊の影

年賀状
新年雑俎
相撲

歳時記新註

解説・角川源義、竹内薫

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「科学歳時記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読了:◎ 科学と歳時記の融合。科学者目線での季節の折々を語っている。科学者らしい繊細で深みのある視点は、今読んでも新鮮。自然や行事、自身の体調、科学について。それらを時代の目から、瑞々しく敏感に観察し 読了:◎ 科学と歳時記の融合。科学者目線での季節の折々を語っている。科学者らしい繊細で深みのある視点は、今読んでも新鮮。自然や行事、自身の体調、科学について。それらを時代の目から、瑞々しく敏感に観察して書かれていて好きだった。折に触れて読みたくなるような随筆集だと思いました。 …続きを読む
    ハルト
    2020年09月09日
    6人がナイス!しています
  • 科学者の視点での随筆。草花や天候、鳥や虫に関するちょっとした疑問に、仮説を挙げてその検証方法の提案までしているのは科学者ならでは。自然に対する感想は普遍的で共感できる点もあり、100年近く前の時代であ 科学者の視点での随筆。草花や天候、鳥や虫に関するちょっとした疑問に、仮説を挙げてその検証方法の提案までしているのは科学者ならでは。自然に対する感想は普遍的で共感できる点もあり、100年近く前の時代であることを感じない箇所もあるが、アインシュタインがリアルタイムで活躍していたり、西洋の風習などを取り込むことに反発する個所などはこの時代特有。 …続きを読む
    Sakuran
    2020年07月23日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品