科学歳時記 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年05月22日
商品形態:
電子書籍

科学歳時記

  • 著者 寺田 寅彦
発売日:
2020年05月22日
商品形態:
電子書籍

科学と文学を調和させた独自の随筆集。「春六題」「蓑蟲と蜘蛛」他39篇。

電車、銀座の街頭、デパートの食堂、花鳥草木など、生けるものの世界に俳諧を見出し、人生を見出して、科学と調和させた独自の随筆集。「春六題」「蓑蟲と蜘蛛」「疑問と空想」「凍雨と雨氷」他39篇収録。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「科学歳時記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初寺田寅彦先生。硬い文章ではなく日頃の思ったこと、奥様、子供達のこと等。科学のことももちろん書いてあり、気負わず読了。 初寺田寅彦先生。硬い文章ではなく日頃の思ったこと、奥様、子供達のこと等。科学のことももちろん書いてあり、気負わず読了。
    和草(にこぐさ)
    2021年01月07日
    11人がナイス!しています
  • 読了:◎ 科学と歳時記の融合。科学者目線での季節の折々を語っている。科学者らしい繊細で深みのある視点は、今読んでも新鮮。自然や行事、自身の体調、科学について。それらを時代の目から、瑞々しく敏感に観察し 読了:◎ 科学と歳時記の融合。科学者目線での季節の折々を語っている。科学者らしい繊細で深みのある視点は、今読んでも新鮮。自然や行事、自身の体調、科学について。それらを時代の目から、瑞々しく敏感に観察して書かれていて好きだった。折に触れて読みたくなるような随筆集だと思いました。 …続きを読む
    ハルト
    2020年09月09日
    7人がナイス!しています
  • 科学者の視点での随筆。草花や天候、鳥や虫に関するちょっとした疑問に、仮説を挙げてその検証方法の提案までしているのは科学者ならでは。自然に対する感想は普遍的で共感できる点もあり、100年近く前の時代であ 科学者の視点での随筆。草花や天候、鳥や虫に関するちょっとした疑問に、仮説を挙げてその検証方法の提案までしているのは科学者ならでは。自然に対する感想は普遍的で共感できる点もあり、100年近く前の時代であることを感じない箇所もあるが、アインシュタインがリアルタイムで活躍していたり、西洋の風習などを取り込むことに反発する個所などはこの時代特有。 …続きを読む
    Sakuran
    2020年07月23日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品