シリーズ 地域の古代日本 陸奥と渡島

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年06月15日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784047036949

シリーズ 地域の古代日本 陸奥と渡島

  • 編 吉村 武彦
  • 編 川尻 秋生
  • 編 松木 武彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年06月15日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784047036949

蝦夷の墳墓はどんな形か。古代のアイヌ文化とは?

有史以前より東北北部と北海道の交流は盛んであった。縄文文化が発達し、規模が大きくユニークな遺跡が数多く造られ、三内丸山など17遺跡が世界遺産に登録されている。東北地方には、古代の最後まで国郡制に組み込まれない地域が残り、「蝦夷」と呼ばれる独自の文化を持つ人々が存在していた。前方後円墳と「蝦夷」の墓、多賀城・城柵、陸奥の仏教、続縄文文化・古代アイヌ文化論……、豊かな蝦夷の世界を、多方面から解明する。


◆シリーズ地域の古代日本 刊行予定(全6巻)
東アジアと日本
陸奥と渡島
東国と信越
畿内と近国
出雲・吉備・伊予
筑紫と南島

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

刊行にあたって

本巻への招待

1章 古代東北の歴史環境──南北文化の境界線を中心に 熊谷公男

2章 続縄文文化の発達 高瀬克範

3章 前方後円墳の北限と「蝦夷」の墳墓 菊地芳朗

4章 多賀城・城柵と蝦夷 樋口知志

5章 陸奥の仏教文化 堀裕

6 古代アイヌ文化論 蓑島栄紀

ESSAY 故郷の先人達 安彦良和

もっと知りたい人のための参考文献
キーワード解説
陸奥・渡島の古代史関係施設
関連地図
陸奥と渡島 古代史年表

執筆者一覧

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品