千夜千冊エディション 心とトラウマ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年02月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784044005849

千夜千冊エディション 心とトラウマ

  • 著者 松岡 正剛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年02月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784044005849

「私」って誰?「自分」の正体は何?

鬱が蔓延している。社員の17%が鬱と診断された会社もあるという。もはやひとごとではない。意識や精神はどこにあるのか。脳と心は別ものなのか。自分の中に別人がいる感覚や、鏡の中に自分がいる感覚。だれもが持ちうる違和感に焦点をあてる。
子どもの期間が長く、子どもの特徴を残したままゆっくりと成熟することを生物学で「ネオテニー」という。人間やカエルなどもそれにあたる。成長しきれない1つ前の段階、それが何らかのきっかけで解除できず幼児性が出てしまうことも、ひとつの精神現象なのかもしれない。
なにかと生きづらさを感じるこの世の中で、自分の中の道しるべにふと気づける本が満載。

もくじ

第一章心についた傷
斎藤茂太『女のはな いき・男のため いき』八〇三夜
北杜夫・斎藤由香『パパは楽し い躁うつ病』一七二一夜
夏樹静子『椅子がこわい』一四六夜
塩倉裕『引きこもり』五七六夜
岡田尊司『う つと気分障害』一七二四夜
ホーウィ ッ ツ&ウェ イクフ ィー ルド『それは「うつ」ではな い』一五二二夜
森茂起『トラウ マ の発見』一五九三夜

第二章自分の中の別人たち
ア シ ュ レイ・モ ンターギ ュ『ネオテニ ー』一〇七二夜
デ イヴ ィ ッド・ホロビン『天才と分裂病の進化論』六八四夜
中井久夫『分裂病と人類』一五四六夜
小俣和一郎『精神病院の起源』四七〇夜
ロ バート・ル イス・ステ ィーヴ ンソ ン『ジーキル博士とハイド氏』一五五夜.
ダ ニ エ ル・キイス『24人のビリー・ミリガン』二一八夜

第三章脳が心を見て いる
ワイ ルダー・ペ ンフィールド『脳と心の正体』四六一夜
カール・ポパ ー&ジ ョ ン・エクルズ『自我と脳』一〇五九夜
ロ ジ ャー・ペ ン ロ ーズ『皇帝の新し い心』四夜
茂木健一郎『脳とク オリア』七一三夜

ア ントニオ・ダシオ『無意識の脳・自己意識の脳』一三〇五夜
マーヴィ ン・ミンスキー『心の社会』四五二夜
安西祐一郎『心と脳』一六〇六夜

第四章心理学と「私」の間
カート・ダ ン ジガー『心を名づけること』一七二三夜
ゲオルグ・グ ロデック野間俊一『エ スとの対話』五八二夜
カール・グスタフ・ユ ング『心理学と錬金術』八三〇夜
R・D・レイン『レイ ンわが半生』二四五夜
ジャック・ラカ ン『テレヴィジオン』九一一夜
ディディエ・アンジ ュ ー『皮膚―自我』一五〇一夜
フ レッド・ド ツキ『心を自然化する』一六九八夜
岩井寛『森田療法』一三二五夜

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「千夜千冊エディション 心とトラウマ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • もう角川文庫でこのシリーズ14冊になっています。20冊まで行くのでしょうか?今回は主に表題のように精神医学や脳についてのはなしあるいは心理学についての本の紹介がほとんどです。異色なのは夏樹静子の「椅子 もう角川文庫でこのシリーズ14冊になっています。20冊まで行くのでしょうか?今回は主に表題のように精神医学や脳についてのはなしあるいは心理学についての本の紹介がほとんどです。異色なのは夏樹静子の「椅子がこわい」という本が取り上げられていて私は未読なので読んでみようという気になりました。第二章の「自分の中の別人たち」の中に紹介されている本も気になりました。 …続きを読む
    KAZOO
    2020年03月03日
    102人がナイス!しています
  •  読んだことがあるのもあって、楽しいな~とパラパラ進んだ。こういう衒学的な読み物ってあんまない。北杜夫のエピソードが強烈だった。スティーブンソンの島へ観光してみたいな。  読んだことがあるのもあって、楽しいな~とパラパラ進んだ。こういう衒学的な読み物ってあんまない。北杜夫のエピソードが強烈だった。スティーブンソンの島へ観光してみたいな。
    ばんだねいっぺい
    2020年06月06日
    28人がナイス!しています
  • ブックナビゲーションサイト「千夜千冊」を元にした文庫シリーズの14冊目。心理学、哲学、精神医学、脳神経科学、そして小説、と色々な本をボーダーレスに取り上げてあって、この一冊だけでなかなか読み応えがある ブックナビゲーションサイト「千夜千冊」を元にした文庫シリーズの14冊目。心理学、哲学、精神医学、脳神経科学、そして小説、と色々な本をボーダーレスに取り上げてあって、この一冊だけでなかなか読み応えがある。夏樹静子『椅子がこわい』、ラカン『テレヴィジオン』辺りが特に、自分には刺激的だった。あとがきに〈「私っぽい」ことと「自己」と「精神」が同じものかどうか、これは哲学もいまなお言い当てられないことなのである。〉とあるが、「私っぽい」とは、まさにクオリア的な、とてもおもしろい言い回しだと思う。 …続きを読む
    NowHere
    2020年03月18日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品