ポー傑作選2 怪奇ミステリー編 モルグ街の殺人

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041092446

ポー傑作選2 怪奇ミステリー編 モルグ街の殺人

  • 著 エドガー・アラン・ポー
  • 訳 河合 祥一郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041092446

ミステリーの原点!世紀の天才のメジャー作から知られざる名作まで全11編

!!!【2022年3月NHK Eテレ「100分de名著」】!!!

ミステリーの原点がここに。――ポー新訳2冊連続刊行!

世界初の推理小説「モルグ街の殺人」、史上初の暗号解読小説「黄金虫」など全11編! 解説「ポーの死の謎に迫る」


彼がいなければ、ホームズもポワロも金田一も生まれなかった――世界初の推理小説「モルグ街の殺人」。パリで起きた母娘惨殺事件の謎を名探偵デュパンが華麗に解き明かす。同じく初の暗号解読小説「黄金虫」や、最高傑作と名高い「盗まれた手紙」、死の直前に書かれた詩「アナベル・リー」など傑作を全11編収録。ポーの死の謎に迫る解説や用語集も。世紀の天才の推理と分析に圧倒される、新訳第2弾!

【ポーの傑作ミステリー+詩】
世紀の天才のメジャー作から知られざる名作まで全11編

モルグ街の殺人 "The Murders in the Rue Morgue" (1841)
ベレニス "Berenice" (1835)
告げ口心臓 "The Tell-Tale Heart" (1843)
鐘の音(詩) "The Bells" (1849)
おまえが犯人だ "Thou Art the Man" (1844)
黄金郷(エルドラド)(詩) "Eldorado" (1849)
黄金虫 "The Gold Bug" (1843)
詐欺(ディドリング)――精密科学としての考察 "Diddling" (1843)
楕円形の肖像画 "The Oval Portrait" (1842)
アナベル・リー(詩) "Annabel Lee" (1849)
盗まれた手紙 "The Purloined Letter" (1844)

作品解題
ポーの用語
ポーの死の謎に迫る

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

モルグ街の殺人
ベレニス
告げ口心臓
鐘の音(詩)
おまえが犯人だ
黄金郷(ルビ;エルドラド)(詩)
黄金虫
詐欺(ルビ:ディドリング)――精密科学としての考察
楕円形の肖像画
アナベル・リー(詩)
盗まれた手紙

作品解題
ポーの用語
ポーの死の謎に迫る

メディアミックス情報

NEWS

「ポー傑作選2 怪奇ミステリー編 モルグ街の殺人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 100分de名著“エドガー・アラン・ポースペシャル”のため「モルグ街の殺人」のみ読了。なんか…あまりにも意外な犯人(?)にびっくり。世界初の推理小説といわれている作品だそうで、ポーという作家は世界中の 100分de名著“エドガー・アラン・ポースペシャル”のため「モルグ街の殺人」のみ読了。なんか…あまりにも意外な犯人(?)にびっくり。世界初の推理小説といわれている作品だそうで、ポーという作家は世界中の後の時代の作家に影響を与えた存在らしく、このそれほど長くないお話を読むなかで、自分のこれまでの読書体験のなかにも「あ…あの作家のaの作品」みたいなものを、推理小説でもそれ以外でもいくつも思い浮かべる瞬間があった。 …続きを読む
    れみ
    2022年04月30日
    50人がナイス!しています
  • 世界初の推理小説と謳われる『モルグ街の殺人』をはじめ、ポーのミステリ代表作と詩を収録した作品集。モルグ街のみ既読だったが、やはりこれが有史初のミステリかと思うと面白い。最初の事件にしてはトリッキーすぎ 世界初の推理小説と謳われる『モルグ街の殺人』をはじめ、ポーのミステリ代表作と詩を収録した作品集。モルグ街のみ既読だったが、やはりこれが有史初のミステリかと思うと面白い。最初の事件にしてはトリッキーすぎる。そして改めて読むと死体が中々に芸術的でとても良い。全編どことなく神経質で、強迫観念に駆られたような不安感のある作品が多い。特に殺人を犯した人間が耳にする音『告げ口心臓』、偏執狂の男とその従妹『ベレニス』がとても好き。自分は正常だと宣う狂人を描くのがとても巧みだ。詩人でもあったポーは、文章も美しい。 …続きを読む
    カノコ
    2022年04月15日
    39人がナイス!しています
  • ミステリの始祖として有名な「モルグ街の殺人」を含む作品集。探偵と語り手(主人公)のバディ設定、探偵の非凡さを示す導入、不可解な密室の解体方法、無能な警察への言及など。現代のミステリが持つ要素が、すでに ミステリの始祖として有名な「モルグ街の殺人」を含む作品集。探偵と語り手(主人公)のバディ設定、探偵の非凡さを示す導入、不可解な密室の解体方法、無能な警察への言及など。現代のミステリが持つ要素が、すでにここで確立しているのは感慨深い。一度読んだら忘れられない真相には、思わず笑みが漏れてしまう。初の暗号ミステリ「黄金虫」は、まさかこんな設定とは知らなかった。冒険譚風味で奥底の少年心をくすぐられる。ゴシックホラー要素のある短編も好み。読む前は古典に対する心持ちだったが、新訳もよいのかただただ面白かった。 …続きを読む
    ひろ
    2022年04月17日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品