凶犬の眼 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年03月24日
商品形態:
電子書籍

凶犬の眼

  • 著者 柚月裕子
発売日:
2020年03月24日
商品形態:
電子書籍

『孤狼の血』続編!

悪徳刑事・大上章吾の血を受け継いだ日岡秀一。広島の県北の駐在所で牙を研ぐ日岡の前に現れた最後の任侠・国光寛郎の狙いとは?日本最大の暴力団抗争に巻き込まれた日岡の運命は?『孤狼の血』続編!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「凶犬の眼」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前作から2年後、前半は日岡は県北の駐在所のお巡りさんとなって、のどかな雰囲気だったが、ヤクザの抗争の主犯が現れた所からスピード感が増す。ガミさんいないのだなぁと、日岡がジッポのライターを触る度に寂しく 前作から2年後、前半は日岡は県北の駐在所のお巡りさんとなって、のどかな雰囲気だったが、ヤクザの抗争の主犯が現れた所からスピード感が増す。ガミさんいないのだなぁと、日岡がジッポのライターを触る度に寂しくなった。ヤクザの仁義と日岡が思う正義とは?日岡にガミさんの思いが受け継がれてマル暴の警官らしく育って行く姿に、ハラハラしつつ、次作も読みたくなった。主犯の国光もカッコ良かった。 …続きを読む
    KEI
    2020年04月03日
    45人がナイス!しています
  • 日岡の活躍が読めて面白かったです。刑事としての捜査は正義とは言えないかもしれませんが、自分と大上の信念を貫く姿は読んでいてカッコよかったです。 日岡の活躍が読めて面白かったです。刑事としての捜査は正義とは言えないかもしれませんが、自分と大上の信念を貫く姿は読んでいてカッコよかったです。
    さち@毎日に感謝♪
    2020年04月04日
    25人がナイス!しています
  • 大上班長の強烈な存在感を抜きにして話がもつのだろうか?という疑念はあったが、なかなかどうして読ませてくれる。今作のキーパーソン・国光が良くも悪くも裏表のない人物ゆえに、筋書き自体は前作に比べるとシンプ 大上班長の強烈な存在感を抜きにして話がもつのだろうか?という疑念はあったが、なかなかどうして読ませてくれる。今作のキーパーソン・国光が良くも悪くも裏表のない人物ゆえに、筋書き自体は前作に比べるとシンプル。但し、人物関係は前作同様に複雑で、常時人物相関図と照合しながら読み進めることに。さながら二部構成の内容は映像をイメージし易い物語の運びで、今作も既に映像化の話が進行中なのかと思ってみたり。エピローグはここで一旦物語を締めるに辺り必要な展開ではあるものの、最後に些か陳腐な印象を付与してしまった様な気もする。 …続きを読む
    シキモリ
    2020年04月05日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品