孤狼の血

映画化作品

第69回 日本推理作家協会賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041049549

映画化作品

第69回 日本推理作家協会賞

孤狼の血

  • 著者 柚月裕子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041049549

日本推理作家協会賞受賞作、待望の文庫化!

常識外れのマル暴刑事と極道の、プライドを賭けた戦い。作家、マスコミほか多くの賞賛を集めた、圧巻の警察小説。

緻密な構成、卓抜したリアリティ、予期せぬ結末。いやあ、おもしろい。正統派ハードボイルドに圧倒された。
――黒川博行氏(作家)

日本ミステリ史に残る、今世紀最高の悪徳警官小説だ。
――茶木則雄氏(書評家)

昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。飢えた狼のごとく強引に違法行為を繰り返す大上のやり方に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて失踪事件をきっかけに暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが……。正義とは何か、信じられるのは誰か。日岡は本当の試練に立ち向かっていく――。


メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

刊行記念 黒川博行×柚月裕子対談


「孤狼の血」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 映画化もされるし広島に引っ越してきたし、という理由で読んでみた。大上役が役所広司というのはだいぶイメージが違うような…。話しの筋自体は割とシンプルで、ドンパチにドンパチを重ねて膨らましたようなところが 映画化もされるし広島に引っ越してきたし、という理由で読んでみた。大上役が役所広司というのはだいぶイメージが違うような…。話しの筋自体は割とシンプルで、ドンパチにドンパチを重ねて膨らましたようなところがあるものの、熱量が凄く、グイグイ読まされた感じ。エルロイを連想させる章冒頭の業務日報も、ただの雰囲気作りではなく、最後に意味を持ってくるというつくりがニクイ。ただ、それだけにもう少し陰謀小説的な側面も打ち出して欲しかった。ヤクザのやり口がまんまヤクザ。続編が連載中らしいが、どのような続き方をするのだろう。 …続きを読む
    W-G
    2017年12月24日
    714人がナイス!しています
  • 昭和最後の夏、広島県呉市を舞台にした柚木版「仁義なき戦い」(といっても、私は任侠映画は一度も観たことがない。)何が正義なのか、悪なのか、ぐるぐると巴になって小市民である我々に問いかける。バブルのころは 昭和最後の夏、広島県呉市を舞台にした柚木版「仁義なき戦い」(といっても、私は任侠映画は一度も観たことがない。)何が正義なのか、悪なのか、ぐるぐると巴になって小市民である我々に問いかける。バブルのころは暴力団が最後の悪の華を咲かせていた時代だったのだな…。ちまみに私はこの頃広島に住んでいたけれど、ボディコンのお姉様達もヤクザと同様に怖いと思っていたおぼこ少女でした。 …続きを読む
    本読みたぬき
    2018年06月17日
    285人がナイス!しています
  • ★★★★☆昭和の末期、広島県の架空の町を舞台に、ヤクザの抗争とマル暴担当刑事との攻防を描いた作品。プロットは決して複雑ではない。しかし息のつかないスピーディーな展開とこの世界の独特の言葉や描写に引き込 ★★★★☆昭和の末期、広島県の架空の町を舞台に、ヤクザの抗争とマル暴担当刑事との攻防を描いた作品。プロットは決して複雑ではない。しかし息のつかないスピーディーな展開とこの世界の独特の言葉や描写に引き込まれ、読み始めると止まらなかった。主人公の刑事コンビも、ヤクザと癒着して違法捜査も辞さないベテランと配属仕立ての若手という王道だ。久しく聞かない広島弁もいい。この手の小説にある、ある種のエグさは物足らず惜しいが、全体として完成度が高く外さない。話は完結しているので続編はないだろうが、スピンオフを期待。 …続きを読む
    フーシェ
    2017年09月13日
    238人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

柚月 裕子(ゆづき ゆうこ)

1968年、岩手県生まれ。山形県在住。2008年、『臨床真理』で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、デビュー。
2013年『検事の本懐』で第15回大藪春彦賞を受賞。丁寧な筆致で人間の機微を描きだす、今もっとも注目されるミステリ作家の一人。
他の著書に『最後の証人』『検事の死命』『蟻の菜園―アントガーデン―』『パレートの誤算』『朽ちないサクラ』『ウツボカズラの甘い息』がある。

この著者の商品

最近チェックした商品