呪護

高校生の傷害事件。 それは、大災害の序章なのか? 長篇警察小説

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041080801
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

呪護

高校生の傷害事件。 それは、大災害の序章なのか? 長篇警察小説

  • 著者 今野 敏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041080801

高校生の傷害事件。 それは、大災害の序章なのか? 長篇警察小説

常識では解決できない事件に、必ず現れる二人──。
都内の私立高校で、男子生徒の西条文弥が教師の中大路力也を刺す事件が起きた。警視庁少年事件課の富野輝彦は、事件の供述に違和感を覚える。女子生徒の池垣亜紀と中大路が淫らな行為をしているところを目撃した西条は、彼女が襲われていると思ったという。だが、亜紀は、西条とは食い違う奇妙な供述をしていた──。中大路が入院している病院に向かった富野は、そこでお祓い師の鬼龍光一と安倍孝景に再会する。彼らがいるということは、間違いない、この事件は常識では計れないところで起きているのだ……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「呪護」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 白と黒のお祓い師、このシリーズの新刊が読めるなんて嬉しいです。今回は神田の高校で起こった事件に端を発した物語。歴史の裏に隠れているエピソード。平将門や封印、台密、東密など警察では対処出来ないような事に 白と黒のお祓い師、このシリーズの新刊が読めるなんて嬉しいです。今回は神田の高校で起こった事件に端を発した物語。歴史の裏に隠れているエピソード。平将門や封印、台密、東密など警察では対処出来ないような事に今回も富野さんが奮闘しています。東京の地図を開いて富野さんのようにボールペンで囲ってみたくなるほど、江戸のグランドデザインと封印の話に引き込まれました。シリーズ最初のようなお祓いの場面が少なくなっているのは残念ですが、今回はトミ氏の末裔、富野さんの力を見せてもらえて、さらに次回が楽しみになりました。 …続きを読む
    みい坊
    2019年04月13日
    30人がナイス!しています
  • 山手線の話は昔テレビか何かで聞いたことがありますが真偽のほどはさておき、へぇ〜なんて思いながら読みました。軽く読みたい時におススメかと思います。 山手線の話は昔テレビか何かで聞いたことがありますが真偽のほどはさておき、へぇ〜なんて思いながら読みました。軽く読みたい時におススメかと思います。
    みなと
    2019年04月14日
    24人がナイス!しています
  • 本書がどうというわけではなく、最近は帯の文句が思い切りネタバレだったり、まるっきり勘違いだったりするので、あまり(というか極力)帯を見ないで本を買っている私。この本もちらっと見ておもしろそうだったし、 本書がどうというわけではなく、最近は帯の文句が思い切りネタバレだったり、まるっきり勘違いだったりするので、あまり(というか極力)帯を見ないで本を買っている私。この本もちらっと見ておもしろそうだったし、今野さんは夫婦そろって好きなので、書店で見て迷わず購入。それで読んだら、シリーズものだったわけで、帯を見たらしっかり「人気シリーズ」とか書いてあった。科学準備室で、生徒が教師を刺すという衝撃的な事件が起こる。でも、その根底にあるのが怪しい呪術めいたものでは、何といってよいか。読みやすいことは読みやすいかな。 …続きを読む
    ともパパ
    2019年04月08日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

今野 敏(こんの びん)

1955年北海道生まれ。78年「怪物が街にやってくる」で第4回問題小説新人賞を受賞。
「隠蔽捜査」「東京湾臨海署安積班」「同期」シリーズなど、警察小説の分野で絶大な人気を誇る。

この著者の商品

最近チェックした商品