角川文庫

殺人ライセンス

警察+高校生が、現実の事件とネットゲームの事件を追う!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041081754
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

殺人ライセンス

警察+高校生が、現実の事件とネットゲームの事件を追う!

  • 著者 今野 敏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041081754

警察+高校生が、現実の事件とネットゲームの事件を追う!

高校生が遭遇したオンラインゲーム「殺人ライセンス」。ゲームと同様の事件が現実でも起こった。犠牲者の名前も同じであり、高校生のキュウは、同級生の父で探偵の男とともに、事件を調べはじめる──。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「殺人ライセンス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • かなり前の書かれた作品のようですが、今の現実の社会を描いているような感じです。主人公が高校生の男女が絡む青春小説のようで今野さんの作品にしては珍しいものです。ウェブサイトに殺人ゲームのようなものがあっ かなり前の書かれた作品のようですが、今の現実の社会を描いているような感じです。主人公が高校生の男女が絡む青春小説のようで今野さんの作品にしては珍しいものです。ウェブサイトに殺人ゲームのようなものがあってそれが現実の殺人事件が起きると消えてしまいます。軽いノリですが結構楽しめました。 …続きを読む
    KAZOO
    2019年05月17日
    82人がナイス!しています
  • ネット上の交換殺人。今だとありそうで恐い。 ネット上の交換殺人。今だとありそうで恐い。
    mim
    2019年05月01日
    8人がナイス!しています
  • 7年前に出た本にも関わらず、今の方がリアルにありそうな気がする。 ゲーム上と現実世界で交差する殺人事件。面白かった。 7年前に出た本にも関わらず、今の方がリアルにありそうな気がする。 ゲーム上と現実世界で交差する殺人事件。面白かった。
    シュナ
    2019年05月01日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

今野 敏(こんの びん)

1955年北海道生まれ。78年「怪物が街にやってくる」で第4回問題小説新人賞を受賞。
「隠蔽捜査」「東京湾臨海署安積班」「同期」シリーズなど、警察小説の分野で絶大な人気を誇る。

この著者の商品

最近チェックした商品