試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041119396

呪護

  • 著者 今野 敏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041119396

高校生の傷害事件に隠された真実とは。 常識破りの警察小説!

都内の私立高校で、傷害事件が発生した。白昼の実験準備室で男子生徒が教師を刺したという。警視庁少年事件課の富野が取り調べを行ったところ、加害少年は教師に襲われていた女子生徒を助けようとしたと供述した。ところが、女子生徒の口からは全く異なる事実が語られる。捜査を進めるなかで、富野はお祓い師の鬼龍光一と再会、事件の背後に人知を超えた力が隠されていることに気付くが……。スリリングな警察小説。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

呪護
解説 関口苑生

メディアミックス情報

NEWS

「呪護」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★☆ ★★★★☆
    kumo
    2022年04月17日
    26人がナイス!しています
  • 鬼龍シリーズなのを読み初めて知りました。しかし今回は鬼龍はあまり活躍しません。結界の話は面白かったです。 鬼龍シリーズなのを読み初めて知りました。しかし今回は鬼龍はあまり活躍しません。結界の話は面白かったです。
    金吾
    2022年03月21日
    19人がナイス!しています
  • 鬼龍光一シリーズ四作目。今回はトミ氏の末裔である少年課・富野の活躍。平将門とか魔方陣とか、いつもながら面白かった。 鬼龍光一シリーズ四作目。今回はトミ氏の末裔である少年課・富野の活躍。平将門とか魔方陣とか、いつもながら面白かった。
    はっか
    2022年04月16日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品