陰陽 鬼龍光一シリーズ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041033746

陰陽 鬼龍光一シリーズ

  • 著者 今野 敏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041033746

警察小説と伝奇小説が融合した、傑作エンターテインメント。

若い女性が都内各所で襲われ斬殺される事件が連続して発生。警視庁生活安全部の冨野は、殺害現場で謎の男鬼龍光一と出会う。祓師だという鬼龍に不審を抱く富野。だが、事件は常識では計れないものだった。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「陰陽 鬼龍光一シリーズ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かった~。昔の菊地秀行氏の作品みたいな雰囲気。エロ+祓い師+事件なんて一気読み要素でした! せっかくの黒と白の祓い師なのにキャラが弱いのが残念だったな~。もっと濃ゆくても良いのに。陰=淫なところも 面白かった~。昔の菊地秀行氏の作品みたいな雰囲気。エロ+祓い師+事件なんて一気読み要素でした! せっかくの黒と白の祓い師なのにキャラが弱いのが残念だったな~。もっと濃ゆくても良いのに。陰=淫なところもわかりやすいと言えるかな? シリーズ追っかけてみよ✨ …続きを読む
    らすかる
    2019年06月23日
    39人がナイス!しています
  • さすが今野さん。どのシリーズもあっという間に読める所が好き。そして尚且つ楽しめる。なかなか居そうでいない作家さん(^^)大好きな作家さんの一人です。 さすが今野さん。どのシリーズもあっという間に読める所が好き。そして尚且つ楽しめる。なかなか居そうでいない作家さん(^^)大好きな作家さんの一人です。
    キキ
    2017年06月16日
    35人がナイス!しています
  • 「鬼龍」に続いて、しばらく前に購入した本書を読んだ。前作(主人公の名前の文字が変わっているが、著者自らシリーズとうたっているらしい)の内容は99%忘れていたが、本書はまったく関係なく楽しめた。連続暴行 「鬼龍」に続いて、しばらく前に購入した本書を読んだ。前作(主人公の名前の文字が変わっているが、著者自らシリーズとうたっているらしい)の内容は99%忘れていたが、本書はまったく関係なく楽しめた。連続暴行殺人事件の裏にうごめく亡者の影。親亡者の正体はなんとなく早い段階でわかるが、論理的に推理するのは無理だな。まあ、警察小説と伝奇小説のハイブリッド小説らしいから、小難しいことは考えずに、素直に世界観に浸って楽しめばよいということか。ということで、次は「憑物」かな。 …続きを読む
    ともパパ
    2019年10月13日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品