角川文庫

今昔百鬼拾遺 河童

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041080450
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

今昔百鬼拾遺 河童

  • 著者 京極 夏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041080450

奇怪な連続水死事件は、何者の仕業か。百鬼夜行シリーズ待望の長編!

「そうですね。その河童が――誰かと云うことです」
「河童が誰かって、中禅寺さんあんた」
小山田は顔を顰めた。


昭和29年、夏。
複雑に蛇行する夷隅川水系に、次々と奇妙な水死体が浮かんだ。
3体目発見の報せを受けた科学雑誌「稀譚月報」の記者・中禅寺敦子は、薔薇十字探偵社の益田が調査中の模造宝石事件との関連を探るべく現地に向かった。
第一発見者の女学生・呉美由紀、妖怪研究家・多々良勝五郎らと共に怪事件の謎に迫るが――。
山奥を流れる、美しく澄んだ川で巻き起こった惨劇と悲劇の真相とは。

百鬼夜行シリーズ待望の長編!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「今昔百鬼拾遺 河童」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前作よりもさらにライトな印象、の一冊。河童と奇妙な水死体事件。お尻、尻子玉、河童についてのガールズトークで幕開けの今作。前作よりもさらにライトな印象で読みやすく面白かった。キャラの濃い多々良さんのトー 前作よりもさらにライトな印象、の一冊。河童と奇妙な水死体事件。お尻、尻子玉、河童についてのガールズトークで幕開けの今作。前作よりもさらにライトな印象で読みやすく面白かった。キャラの濃い多々良さんのトーク、河童談義が熱いのも楽しめた大きなポイント。別作品に登場しているのかなぁ、多々良さんに興味がわいた。戦争、戦後という時代背景、そこに絡められた感情がちょっとしんみりくる。やっぱり終盤、誰もの口から放たれる言葉が気持ち良い。人たるもの、河童たるもの…見事に最後まで河童が描かれた作品、面白かった。 …続きを読む
    ちょろこ
    2019年06月26日
    122人がナイス!しています
  • 百鬼夜行シリーズ最新作。3社横断3カ月連続刊行第2弾。雑誌「稀譚月報」の記者・中禅寺敦子、薔薇十字探偵社の益田、女学生・呉美由紀、妖怪研究家・多々良勝五郎らと共に怪事件の謎に迫る 百鬼夜行シリーズ最新作。3社横断3カ月連続刊行第2弾。雑誌「稀譚月報」の記者・中禅寺敦子、薔薇十字探偵社の益田、女学生・呉美由紀、妖怪研究家・多々良勝五郎らと共に怪事件の謎に迫る
    enana
    2019年06月08日
    115人がナイス!しています
  • 『河童』です。姿形として真っ先に思い浮かぶのは大映映画「妖怪大戦争」の河童。特別強い訳ではない、けれど強大な西洋妖怪に対して仲間と共に決死の闘いを挑む。あの河童も、律儀である。センセイが定義した様に、 『河童』です。姿形として真っ先に思い浮かぶのは大映映画「妖怪大戦争」の河童。特別強い訳ではない、けれど強大な西洋妖怪に対して仲間と共に決死の闘いを挑む。あの河童も、律儀である。センセイが定義した様に、約束は守る。立派で格好良い。だが本書の河童は、想いにだけ捕らわれた河童は、痛々しいほどに哀しい。『書楼弔堂』のあの乃木希典大将の様に。美由紀の言葉により河童は人へと引き戻され、哀しみは消えずとも痛みは和らげられる。妖怪との係わりを何処に持たせるかが楽しみなシリーズ、今作も大変面白かったです。 …続きを読む
    Bugsy Malone
    2019年05月27日
    91人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品