角川文庫

完本 妻は、くノ一(一) 妻は、くノ一/星影の女

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784041071915
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川文庫

完本 妻は、くノ一(一) 妻は、くノ一/星影の女

  • 著者 風野 真知雄
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784041071915

累計130万部突破、時代シリーズの金字塔が読みやすい決定版で登場!

涙が出るほど純であり、
ぶれずに生きる彦馬を愛してください。
―― 十代目 松本幸四郎

愛した妻は、敏腕くノ一だった!?
狭い江戸ですれ違い続ける二人に目が離せない、
時代小説の金字塔が読みやすく進化した「完全保存版」になって登場!

平戸藩御船手方書物天文係の雙星彦馬は、天体好きの変わり者。
そんな彦馬の下に、織江という嫁がやってきた。
彦馬は、美しく気が合う織江を生涯大切にすると誓うも、わずかひと月で新妻は失踪してしまう――織江は平戸藩の前藩主・松浦静山の密貿易疑惑を探るため、幕府が送り込んだくノ一だったのだ。
そうとは知らない彦馬は、織江の行方を追って江戸へ。
様々な謎を解きながら愛する妻を捜す、彦馬の新たな暮らしが始まった!

★文字が大きく、読みやすくなりました。
★加筆・修正をした“最終版”。
★第1巻には執筆裏話満載の書き下ろし「あとがき」を収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「完本 妻は、くノ一(一) 妻は、くノ一/星影の女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初作家さん)NHKの時代劇で観ていて原作も読みたいなぁとずっと思っていた物語。5冊元本ということで遂に手をだしました。初めからイメージは映像と重なり(それがとてもピッタリで)でもそれだけではない文字の 初作家さん)NHKの時代劇で観ていて原作も読みたいなぁとずっと思っていた物語。5冊元本ということで遂に手をだしました。初めからイメージは映像と重なり(それがとてもピッタリで)でもそれだけではない文字の世界の楽しさもたっぷり。たまに不思議な文体で江戸は幕末に向かう世界を描いてくれています。なにせ主役の彼がこんな感じの人なので、どこかほんわりほっこり。そして二人の「想う心」がとても切ないです。これから先に何がありどう変わるのか。二人の行く末を見つめる旅の始まり、です。←全体に切ない気持ちがあるので感傷的です。 …続きを読む
    はなん
    2019年06月14日
    17人がナイス!しています
  • 時々、誰目線で描かれているのかわかりにくい描写があるのが気になりますが、くノ一と夫婦になった悲しみがあふれていて両方の想いが本当に切なかったです。続きも読もうかな? 時々、誰目線で描かれているのかわかりにくい描写があるのが気になりますが、くノ一と夫婦になった悲しみがあふれていて両方の想いが本当に切なかったです。続きも読もうかな?
    DONA
    2019年03月25日
    15人がナイス!しています
  • 読了 読了
    Hugo Grove
    2018年12月01日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品