角川文庫

復活の日

人類の滅亡と復活を描いた、傑作SF小説!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041065815
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

復活の日

人類の滅亡と復活を描いた、傑作SF小説!

  • 著者 小松 左京
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041065815

人類の滅亡と復活を描いた、傑作SF小説!

生物化学兵器を積んだ小型機が、真冬のアルプス山中に墜落。感染後5時間でハツカネズミの98%を死滅させる新種の細菌は、雪解けと共に各地で猛威を振るう。世界人口はわずか1万人にまで減ってしまい――

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「復活の日」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ユヴァル・ノア・ハラリ氏の「ホモ・デウス」を読んでいる時、小松左京氏の「復活の日」「継ぐのは誰か」「果てしなき流れの果てに」がずっと頭の中に浮かんでいた。第一部「災厄の年」人類の絶滅していく様と絶望感 ユヴァル・ノア・ハラリ氏の「ホモ・デウス」を読んでいる時、小松左京氏の「復活の日」「継ぐのは誰か」「果てしなき流れの果てに」がずっと頭の中に浮かんでいた。第一部「災厄の年」人類の絶滅していく様と絶望感がリアルすぎ。ヘルシンキ大学の文明史担当のスミルノフ教授の最後の講義から滲み出る無念さに圧倒される。第二部「復活の日」残された南極の人々を守るため、特攻作戦に赴く4人の男と生き残った吉住の帰還。エピローグまで読み切った後、ただただ、すげぇとため息しか出ない読後感。SF好きには絶対読んでほしい作品ですね。 …続きを読む
    Toshiyuki Maeda
    2018年10月17日
    21人がナイス!しています
  • 角川文庫70周年キャンペーンにて。パンデミックが引き起こす災厄を扱った作品は今では珍しくはないですが、1964年にそれが圧倒的なリアリティを持って書かれていたことに驚かされる。少しずつ日常を侵して行く 角川文庫70周年キャンペーンにて。パンデミックが引き起こす災厄を扱った作品は今では珍しくはないですが、1964年にそれが圧倒的なリアリティを持って書かれていたことに驚かされる。少しずつ日常を侵して行く\今年のインフルエンザ\がある日を境に圧倒的な破滅の奔流へと変わっていく様子は、大破壊の前の静けさと、その後訪れる有史始まって以来の滅亡のコントラストを見事に書き上げていると感じました。ニュース記事のプロ野球チームが東映や国鉄など時代を感じさせてくれたのも、当時の日常のようなものが垣間見えてよかったです。 …続きを読む
    東雲そら
    2018年12月01日
    4人がナイス!しています
  • ただただ、すごかった。これが初版1964年とは驚きです。現代でもこういったことが起こらないとも限らないというのが薄ら恐ろしい部分がありますね。 ただただ、すごかった。これが初版1964年とは驚きです。現代でもこういったことが起こらないとも限らないというのが薄ら恐ろしい部分がありますね。
    bassman_tubacca
    2019年05月15日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品