試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年09月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041119433

日本アパッチ族

  • 著者 小松 左京
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年09月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041119433

小松左京の初の長編にして最高傑作の呼び名が高い、記念碑的作品!

会社の上司の鼻をひっぱったために懲戒免職。さらに三か月以内に就職しなかったとして、失業罪で逮捕、追放の判決を受けた木田福一。
砲兵工廠跡地に追放された彼は、餓死寸前で野犬に食われそうになっていたところを、アパッチ族に助けられた。
赤銅色の肌を持ち、鉄を主食としているアパッチ族。木田は、彼らの一員となり、謎に包まれた生体と生き様について、記録していく。
初の長編にして最高傑作の呼び声高い記念碑的作品!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

【目 次】
まえがき
第一章 追 放
第二章 アパッチ族の中で
第三章 衝 突
第四章 アパッチ脱出す
第五章 アパッチ、進出す
第六章 政府乗り出す
第七章 動乱への序曲
第八章 大アパッチ戦争
エピローグ
解 説 小松実盛

メディアミックス情報

NEWS

「日本アパッチ族」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • コミカルな文体とストーリー進行ながら、\進化の階梯\という『果てしなき流れの果に』のような壮大なテーマを著者が初期から持っていたことに感動した。また鉄化に伴う人間的感情の否定の描写には、人間の情緒とい コミカルな文体とストーリー進行ながら、\進化の階梯\という『果てしなき流れの果に』のような壮大なテーマを著者が初期から持っていたことに感動した。また鉄化に伴う人間的感情の否定の描写には、人間の情緒というものが本当に必要なものなのか、進化の過程でたまたま発生したものに過ぎず無くなった方が合理的なのか、という哲学的な問いが投げかけられている。後世のメジャーな異形ものと異なり、人間との共存を冷静に否定する見方から結末までシビアだが現実的だと思う。時代は感じるが色褪せない面白さがあった。 …続きを読む
    そふぃあ
    2021年10月19日
    24人がナイス!しています
  • 小松左京の初の長篇小説。今年は生誕90年、没後10年で記念のムックも出版された小松左京。鉄を食べるアパッチ族が登場するという本書は、これまでなぜか読む機会がなかった。死刑が廃止された代わりに追放刑が施 小松左京の初の長篇小説。今年は生誕90年、没後10年で記念のムックも出版された小松左京。鉄を食べるアパッチ族が登場するという本書は、これまでなぜか読む機会がなかった。死刑が廃止された代わりに追放刑が施行されたという架空の日本。就職しないことが罪となり、その刑を受ける羽目になった主人公、木田福一が書いた手記という体裁を採る本書は、戦後20年を経た現実の日本の社会の歪みを奇想天外なアイデアで浮き彫りにしていく。途中から経済的な問題を詳細に語る部分には、小松の博識ぶりを思い知った。アパッチ族の生理的説明も秀逸。 …続きを読む
    スターライト
    2021年09月30日
    11人がナイス!しています
  • 図書館本。小松左京は日本沈没以来か。鉄を食らいガソリンを飲んで酔っ払うアパッチ族の話。最後の方はちょっと長くくどい感じがした。 図書館本。小松左京は日本沈没以来か。鉄を食らいガソリンを飲んで酔っ払うアパッチ族の話。最後の方はちょっと長くくどい感じがした。
    ロデタ
    2021年11月20日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品