角川ホラー文庫

華舞鬼町おばけ写真館 送り提灯とほっこり人形焼

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041063422
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ホラー文庫

華舞鬼町おばけ写真館 送り提灯とほっこり人形焼

  • 著者 蒼月 海里
  • イラスト 六七質
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041063422

お盆には水路に灯篭を流して常世への道を示す、華舞鬼町は境界の街。

それはまるで明治大正の浅草。レトロな街並みを異形達が跋扈する不思議な街、華舞鬼町。狭間堂たちは常世を目指す魂が迷子にならないように、お盆の最終日に送り火として水路に灯篭を浮かべ道を示すのだ。那由多は狭間堂の手伝いでお使いの帰り、迷い込んだ小さな男の子の亡者がアヤカシに捕まるのを目撃し思わず後を追いかけるが、うっかりそのアヤカシのアジトに入り込んでしまう。隠れた物置の中から那由多は彼らの計画を知る。光に弱いアヤカシは、送り火を消してしまおうとしていた。壁越しに聞こえる声の中に円が混じっているのに気がつく。話を聞いた狭間堂は「本所七不思議」の一つである『送り提灯』を借りるため、那由多とふたりで錦糸町の報恩寺を訪ねる。狭間堂に言われて那由多が写真を撮ると、写っていたのは遠い昔の送り火の風景だった……。大人気シリーズ第三弾!

もくじ

第一話 那由多と利根川の友だち
第二話 那由多と狭間堂の師
第三話 那由多と送り火
余話  狭間堂と海座頭の……


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「華舞鬼町おばけ写真館 送り提灯とほっこり人形焼」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前巻で無事にお友達のできた那由多君。どちらもとてもいい子で微笑ましいです。お盆に、夏のとある御祭に、海に、風鈴。とこの時期に読むのにぴったりの一冊です。ロックンロールな海座頭朱詩さんも再登場。またちょ 前巻で無事にお友達のできた那由多君。どちらもとてもいい子で微笑ましいです。お盆に、夏のとある御祭に、海に、風鈴。とこの時期に読むのにぴったりの一冊です。ロックンロールな海座頭朱詩さんも再登場。またちょいちょい出てくると嬉しいです。前の作品から出てきた人が登場すると、狭間堂さんが彼方君にちょっと戻ってしまうのが微笑ましい。普段は那由多君フィルターでやたら格好よく見えるけれど、彼もまた若造。誰か真似をする様に和服を羽織り、あちらとこちらの問題の解決に積極的に乗り出し、普段は結構力が入ってるんだろうなと思います …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2018年08月14日
    43人がナイス!しています
  • これを読むと、やはり彼方くんが狭間堂になった過程を知りたいと思っちゃいますね(笑)。シリーズ中でも外伝でもいいですよ〜♪ これを読むと、やはり彼方くんが狭間堂になった過程を知りたいと思っちゃいますね(笑)。シリーズ中でも外伝でもいいですよ〜♪
    ダージリン
    2018年12月20日
    35人がナイス!しています
  • 現在と過去の土地巡りがとても楽しい。今を歩いて過去の痕跡を探す。それはちょっとワクワクする。さらに昔からずっとそれを見守っているアヤカシが存在しているなんて更に楽しい。那由多の内気な性格も可愛らしく感 現在と過去の土地巡りがとても楽しい。今を歩いて過去の痕跡を探す。それはちょっとワクワクする。さらに昔からずっとそれを見守っているアヤカシが存在しているなんて更に楽しい。那由多の内気な性格も可愛らしく感じる。人形焼の「山田屋」の包装紙に興味が湧く。本所七不思議ってとても面白そう。お盆に海へ入ることはタブーですよ。いろんな意味でね。 …続きを読む
    メルル
    2018年05月31日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品