戸張と御子柴 孤島の夜の黄泉還り

戸張と御子柴 孤島の夜の黄泉還り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年06月16日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
270
ISBN:
9784041135174

戸張と御子柴 孤島の夜の黄泉還り

  • 著者 蒼月 海里
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年06月16日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
270
ISBN:
9784041135174

小説家と動画配信者がいわくつきスポットからお届けするサバイバルホラー!

幻想小説家の戸張尚也は、行き詰まっていた。
新作の売れ行きが芳しくなく、出版社で対策を考えていると、
大人気動画配信者の御子柴ユウから声をかけられる。
彼は配信している心霊スポット検証動画が大人気で、
書籍化の打合せをしていたらしい。
戸張の最新作が気に入ったので、次の動画のロケに
一緒に行かないかと御子柴に誘われ、戸張は迷う。
しかし、動画で新刊を紹介してくれるという言葉につられ、
満月の夜、死者が蘇るという伝説がある無人島
「根ノ島」に行くことになり……。
幻想小説家の戸張尚也は、行き詰まっていた。
新作の売れ行きが芳しくなく、出版社で対策を考えていると、
大人気動画配信者の御子柴ユウから声をかけられる。
彼は配信している心霊スポット検証動画が大人気で、
書籍化の打合せをしていたらしい。
戸張の最新作が気に入ったので、次の動画のロケに
一緒に行かないかと御子柴に誘われ、戸張は迷う。
しかし、動画で新刊を紹介してくれるという言葉につられ、
満月の夜、死者が蘇るという伝説がある無人島
「根ノ島」に行くことになり……。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

目次
0、闇に葬られた事件
1、小説家、動画配信者と出会う
2、根ノ島上陸
3、根ノ島の中で
4、発症
5、始祖
終幕

「戸張と御子柴 孤島の夜の黄泉還り」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新刊の売れ行きがイマイチの幻想小説家・戸張尚也は、登録者100万人超えの心霊スポット検証動画の配信者・御子柴ユウと知り合い、動画での新刊紹介と引き換えに動画のロケに同行することになる。行き先は「根ノ島」 新刊の売れ行きがイマイチの幻想小説家・戸張尚也は、登録者100万人超えの心霊スポット検証動画の配信者・御子柴ユウと知り合い、動画での新刊紹介と引き換えに動画のロケに同行することになる。行き先は「根ノ島」という無人島。そこは満月の夜、死者が蘇ると言われ「オヤドリ様」という神様が祀られていたが…。/死者と幽霊の違いや概念など興味深い考察は好み。島の謎もホラーで気持ち悪くて面白いけど、後半駆け足だったのが少々勿体なかったかな。二人はいいコンビだし続編出たらまた読みたい。次は編集者の飯田さんも同行して欲しいな。 …続きを読む
    さっちゃん
    2023年12月11日
    42人がナイス!しています
  • 読みやすくサクサク読了。幻想小説家の戸張と人気動画配信者の御子柴が、いわくありの孤島に出掛ける珍道中。ホラー要素たっぷりながら、怖さを感じる間もなく読了でした。ご無事で何よりでした。 読みやすくサクサク読了。幻想小説家の戸張と人気動画配信者の御子柴が、いわくありの孤島に出掛ける珍道中。ホラー要素たっぷりながら、怖さを感じる間もなく読了でした。ご無事で何よりでした。
    ぽろん
    2023年07月25日
    34人がナイス!しています
  • 幻想怪奇な物語。事件を解決したり現象を解明するのとは違い、不思議なものは不思議のままにし流れるように物語が終わった。 幻想怪奇な物語。事件を解決したり現象を解明するのとは違い、不思議なものは不思議のままにし流れるように物語が終わった。
    ミャロ
    2023年07月30日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品