試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041097779

モノノケ杜の百鬼夜行

  • 著者 蒼月 海里
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041097779

ようこそ、御神木が見守り、物の怪が住まう場所――御森へ

御神木に見守られる町・御森には大樹に嫁入りした巫女の末裔である百目木一華が取り巻きの妖怪と暮らしていた。
一華は常世の者と心交わすことができる、人間離れした妖艶な雰囲気が漂う高校生。
一華のクラスに編入した、藤谷潤という気弱な少年もまた、見えないはずのものが見えてしまう霊感の持ち主だった。
ある日、妖怪に襲われてしまった潤を一華が助け、二人の距離は少しずつ縮まる。
その後も妖怪に追われ続ける潤を目撃し、一華は原因を探すべく奮闘するのだが……。

「幽落町おばけ駄菓子屋」「華舞鬼町おばけ写真館」シリーズの著者・蒼月海里の待望の新シリーズ、スタート!

もくじ

第一話 一華との邂逅、潤の憂鬱
第二話 一華の住まいと潤の受難
第三話 一華の過去と潤の展望
余話 御森商店街にて

登場人物

百目木一華(どうめき・いつか)

大樹に嫁入りした巫女の末裔。
両親を原因不明の病で亡くしており、
取り巻きの妖怪と共に広い屋敷に住んでいる。

藤谷潤(とうや・じゅん)

一華のクラスに転校してきた気弱な少年。
常世のものが見えてしまうことで悩んでいる。
森に迷い込んだ所を一華に助けられる。

待ち受け画像プレゼント

スマートフォン用待ち受け画像をご用意いたしました。
ここでしか手に入らない一華と潤のツーショットカラーイラスト、ぜひご活用ください!


ダウンロードはこちら 1080×1920pix


ダウンロードはこちら 1242"×2688pix


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『モノノケ杜の百鬼夜行』 プロモーションムービー

「モノノケ杜の百鬼夜行」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 又、面白そうなシリーズ、始まりました。御森の御神木の末裔、孤独な少年一華が転校生潤に心開いていく姿にニンマリです。まわりの物の怪達も愉快。今後の展開が楽しみです。 又、面白そうなシリーズ、始まりました。御森の御神木の末裔、孤独な少年一華が転校生潤に心開いていく姿にニンマリです。まわりの物の怪達も愉快。今後の展開が楽しみです。
    ぽろん
    2020年09月05日
    32人がナイス!しています
  • 「見える」少年同士の出会い! 良いですね〜こういうの好きです(笑)。続き楽しみにしてます♪ 「見える」少年同士の出会い! 良いですね〜こういうの好きです(笑)。続き楽しみにしてます♪
    ダージリン
    2020年08月16日
    28人がナイス!しています
  • 面白かった! モノノケ社とも呼ばれる御森に引っ越してきた少年・潤。森に迷い込んだところを、不思議な少年・一華に助けられる。妖怪が見える少年と、妖怪にゆかりがあり共に暮らす少年。御神木と深い関わりがある 面白かった! モノノケ社とも呼ばれる御森に引っ越してきた少年・潤。森に迷い込んだところを、不思議な少年・一華に助けられる。妖怪が見える少年と、妖怪にゆかりがあり共に暮らす少年。御神木と深い関わりがある百目木家ゆえか人と離れて過ごしていた一華と潤が事件を通して徐々に仲良くなっていく過程が微笑ましい。二人が友達になった後の余話がぼのぼのしていて、よき! 一華を支える大人な妖怪達も良いなあ。御森という土地の特殊性、御神木が倒れた訳や不穏な男・千影など、謎がまだ残っているので、どうなるか、楽しみ。 …続きを読む
    もも
    2020年08月04日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品