華舞鬼町おばけ写真館 祖父のカメラとほかほかおにぎり

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041054864

華舞鬼町おばけ写真館 祖父のカメラとほかほかおにぎり

  • 著者 蒼月 海里
  • イラスト 六七質
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041054864

「新宿ではない、もう一つカブキチョウ」って知ってますか?

黄昏の薄闇に包まれた街に、ぼんやりと提灯の灯が浮かぶ。通りは煉瓦や木造の建物で明治か大正時代のレトロな雰囲気。家々からは異形の影が現れる。ここは華舞鬼町、新宿とはちがうもう一つのカブキチョウだ。大学生の那由多(なゆた)は東京神田の万世橋で、祖父の形見のカメラを盗まれてしまう。しかも、しゃべるカワウソに。二足歩行で建物の隙間に逃げ込んだカワウソを思わず追いかけた那由多、しかしビルの隙間から抜けたそこは、さっきまでいた神田の街並みではなかった……。異形に襲われそうになったところを、粋な羽織を被った青年、狭間堂(はざまどう)に救われる。「ようこそ、おばけの街、『華舞鬼町』へ。華舞鬼町総元締めの狭間堂は、きみを歓迎するよ」一体、その正体は?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一話 那由多と華舞鬼町
第二話 那由多と十二階
第三話 那由多と祖父のカメラ
余話  狭間堂と隣町の……

メディアミックス情報

NEWS

「華舞鬼町おばけ写真館 祖父のカメラとほかほかおにぎり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この方の「おばけ駄菓子屋」って言うのも読んでいたようです(ニンチ認知(^^;。)。今回は幽落町から華舞鬼町へ移動して写真屋さん。東京・・私が初めて東京に行ったのは中学の修学旅行。その頃地元の方が国会議 この方の「おばけ駄菓子屋」って言うのも読んでいたようです(ニンチ認知(^^;。)。今回は幽落町から華舞鬼町へ移動して写真屋さん。東京・・私が初めて東京に行ったのは中学の修学旅行。その頃地元の方が国会議員をされていたので議事堂の中に入って赤じゅうたんに感激したものだが・・。平成の東京の街を一歩入るとそこは明治の東京。・・もしかして御城彼方が・・??。もう一度「おばけ駄菓子屋」を読み直さないと(^^;。 …続きを読む
    はつばあば
    2020年02月05日
    57人がナイス!しています
  • 今回の主人公那由多くんは人づきあいが苦手で自分の殻に閉じこもりがち、いわゆる「さとり世代」の男の子。そんな彼がおじいちゃんのカメラを手に解き明かす、優しくて懐かしい東京の景色。新しい導き手はちゃんと大 今回の主人公那由多くんは人づきあいが苦手で自分の殻に閉じこもりがち、いわゆる「さとり世代」の男の子。そんな彼がおじいちゃんのカメラを手に解き明かす、優しくて懐かしい東京の景色。新しい導き手はちゃんと大卒の狭間堂さん。そう、あの子です。那由多君フィルターで見る彼は泰然自若の美丈夫だけど、きっとそう見えるように一生懸命振舞っていて結構一杯一杯で、那由多君と別れた後はぐったりしてポン介にからかわれてたりするかもしれません。那由多君も悪い子ではないので、これからお友達が出来て、きっと色々いい事が待ってると思います …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2018年02月28日
    57人がナイス!しています
  • 両親の都合で各地を転々とし、対人恐怖症になった主人公の那由多が大事に持っていたお爺さんのカメラを川獺に取られたことから妖怪の町に迷い混む…幽楽町の続編であり最終話で触れられていた華舞鬼町が舞台。過去が 両親の都合で各地を転々とし、対人恐怖症になった主人公の那由多が大事に持っていたお爺さんのカメラを川獺に取られたことから妖怪の町に迷い混む…幽楽町の続編であり最終話で触れられていた華舞鬼町が舞台。過去が写せるカメラを持ち、様々なモノと出会って那由多はどう変わっていくのか?幽楽町から時もたち、彼もものすごく成長した模様…ただ、少し心配になってしまう程度には異能を身に付けていて頼もしくも少し危うい感じが拭えないです。新キャラに花さんと今後が楽しみです。2、3話読んでいる時にいくつか吹いてしまいました…。→ …続きを読む
    雷華
    2017年09月12日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品