試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041062494

ダークゾーン 下

  • 著者 貴志 祐介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041062494

何なんだこれは? 貴志祐介が仕掛ける、斜め上行く壮絶バトル!

生き返る「駒」、ワーアップ。軍艦島を舞台に奇妙なルールの下で続く七番勝負。過酷なバトルはいよいよ佳境に。そして明らかになる驚愕の真実とは? 将棋&バトルの究極エンターテインメント!
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ダークゾーン 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 下巻は第4局~最終局を収録。いよいよ終盤戦に突入し、それぞれの戦略と駆引きが際立つ試合運びが続く。このゲームの本質とは何ぞやと疑問に抱きつつ、結末をどう締め括るのか。先を見据えて読み進めるが、最後のオ 下巻は第4局~最終局を収録。いよいよ終盤戦に突入し、それぞれの戦略と駆引きが際立つ試合運びが続く。このゲームの本質とは何ぞやと疑問に抱きつつ、結末をどう締め括るのか。先を見据えて読み進めるが、最後のオチは全く読めなかった。「戦え。戦い続けろ。」その言葉の意味するのは過去への後悔かそれとも未来への現実逃避なのか。塚田の未練が残る結末に感じた。こういったゲームの世界感を全面に押した作風は初めてなので、とても楽しく読むことができ、新たなジャンルを開拓する事が出来た。 …続きを読む
    ナルピーチ
    2021年06月28日
    137人がナイス!しています
  • 上巻でダークゾーンは現実なのかそれともバーチャルなのか謎だった、展開も目まぐるしくなって着いて行くの大変だった。やっぱり塚田は嫌いなキャラだが少し可愛そうと思うところがある、目指すところに手が届かず挫 上巻でダークゾーンは現実なのかそれともバーチャルなのか謎だった、展開も目まぐるしくなって着いて行くの大変だった。やっぱり塚田は嫌いなキャラだが少し可愛そうと思うところがある、目指すところに手が届かず挫折するし彼女にも酷い事をしてしまうしホントひで~やつなのです。サスペンスミステリーとしても面白かった、結末は薄々気づいていたがそれでも良かった、貴志祐介の将棋愛に感服するし相当な腕前らしいです、カムイも3手先手だったら羽生善治でも勝てるのに(笑) …続きを読む
    カムイ
    2021年04月29日
    41人がナイス!しています
  • 戦闘シーンよりもそのバックストーリーである断章の方が好きだった。物悲しいラブストーリーなのだが、貴志祐介特有のどうしようもならない状況を生きていく男女と、バッドエンド一直線の周りの動きもせつなかった。 戦闘シーンよりもそのバックストーリーである断章の方が好きだった。物悲しいラブストーリーなのだが、貴志祐介特有のどうしようもならない状況を生きていく男女と、バッドエンド一直線の周りの動きもせつなかった。 …続きを読む
    kubottar
    2018年01月15日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品