ヘブンメイカー

ヘブンメイカー

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784041061640
label

ヘブンメイカー

  • 著者 恒川 光太郎
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2017年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784041061640

“10の願い”を叶える力を得た者が思い描く理想郷とは――

気が付くと殺風景な部屋にいた高校二年生の鐘松孝平。彼は横須賀にむかってバイクを飛ばしている最中に、トラックに幅寄せされ……その後の記憶はなかった。建物の外には他にも多くの人々がおり、それぞれ別の時代と場所から、「死者の町」と名付けられたこの地にたどり着いたという。彼らは探検隊を結成し、町の外に足を踏み出す。一方、片思いの相手を亡くし自暴自棄になった大学生の佐伯逸輝は、藤沢市の砂浜を歩いていたところ奇妙な男に勧められクジを引くと――いつのまにか見知らぬ地に立ち、“10の願い"を叶えることができるスターボードという板を手渡された。佐伯は己の理想の世界を思い描き、異世界を駆け巡ってゆく……。興奮と感動をよぶ、渾身のファンタジー長編! 気が付くと殺風景な部屋にいた高校二年生の鐘松孝平。彼は横須賀にむかってバイクを飛ばしている最中に、トラックに幅寄せされ……その後の記憶はなかった。建物の外には他にも多くの人々がおり、それぞれ別の時代と場所から、「死者の町」と名付けられたこの地にたどり着いたという。彼らは探検隊を結成し、町の外に足を踏み出す。一方、片思いの相手を亡くし自暴自棄になった大学生の佐伯逸輝は、藤沢市の砂浜を歩いていたところ奇妙な男に勧められクジを引くと――いつのまにか見知らぬ地に立ち、“10の願い"を叶えることができるスターボードという板を手渡された。佐伯は己の理想の世界を思い描き、異世界を駆け巡ってゆく……。興奮と感動をよぶ、渾身のファンタジー長編!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「ヘブンメイカー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前作から間を置かずに読んだせいか、寝ても覚めても自分が現実世界にいないようなフワフワした感覚……それほど恒川ワールドに取り込まれてしまったのだろう。「10の願いをどう叶えるか?」という命題が、前作よりも深化 前作から間を置かずに読んだせいか、寝ても覚めても自分が現実世界にいないようなフワフワした感覚……それほど恒川ワールドに取り込まれてしまったのだろう。「10の願いをどう叶えるか?」という命題が、前作よりも深化していて哲学的でさえある。だからと言って難解な訳ではなく、誰もが考える事と思いもつかなかった発想が入り交じっているので、共感しながら我が身を振り返ってしまう。また、切なく哀しいラブストーリーの側面や、篤い友情の青春ドラマの側面もあって、単なるファンタジーを超越している。是非とも第3弾も執筆してほしい‼ …続きを読む
    しんたろー
    2017年12月27日
    164人がナイス!しています
  • 「スタープレイヤー」の続編。圧倒的な面白さ。異世界に送られ10の願いが叶うスターボードを与えられた人をスタープレイヤーと呼ぶ。全ての願いが叶う訳ではなく制約がある。この設定の妙と独創性が巧みだ。本作では 「スタープレイヤー」の続編。圧倒的な面白さ。異世界に送られ10の願いが叶うスターボードを与えられた人をスタープレイヤーと呼ぶ。全ての願いが叶う訳ではなく制約がある。この設定の妙と独創性が巧みだ。本作では、あるスタープレイヤーの成したことが語られる。スタープレイヤーも普通の俗な人間である。彼等の欲望や悩み、矮小さが実にリアル。本作の主人公も初めは生き延びる願いをする。そして己のエゴや欲望による願いに至る。自身が懊悩し生み出した願いが、新たな世界を造る。そして変遷する世界の妙。物語に没入し一気読み。絶品です。 …続きを読む
    yoshida
    2021年05月16日
    126人がナイス!しています
  • スタープレイヤーの続編。物語としては前作よりも更に前の時代を描く。主に二人の視点を交錯しながら進む物語。一人はスタープレイヤーとして、もう一人は甦った死者の一人として、混沌とした異世界での生存手段を探 スタープレイヤーの続編。物語としては前作よりも更に前の時代を描く。主に二人の視点を交錯しながら進む物語。一人はスタープレイヤーとして、もう一人は甦った死者の一人として、混沌とした異世界での生存手段を探す旅が始まっていく…。今作では前作のような爽快な冒険活劇よりも、人間の欲深さを全面に押し出し、描かれている印象を受けた。やはり人間が“神”になる事はできずに“争い”を起こしてしまうのだろうか。創造の起源を辿り、破壊と再生を繰り返しながら行き着く先に、皆が平和に暮らせる世界(ヘブン)が待っていると信じたい。 …続きを読む
    ナルピーチ
    2023年11月05日
    124人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品