正義のセ 4 負けっぱなしで終わるもんか!

ドラマ化作品

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041060452

ドラマ化作品

正義のセ 4 負けっぱなしで終わるもんか!

  • 著者 阿川 佐和子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041060452

まっしぐら検事・凜々子、今度は関西で事件に恋に邁進!

転勤で尼崎にやってきた検事・凜々子のもとに汚職事件の告発状が届いた。したたかな相手に取り調べは進まず、凜々子は証拠集めに奔走する。豪快な110番担当の虎子や、こてこての関西弁の青井刑事と協力して捜査を進め、上司にガサ入れの許可を求めるが、理不尽な理由で却下されてしまう。一方プライベートでは、幼馴染みの紹介で知り合った俳優と恋の予感が⁉
下町育ちの女検事、関西でも『正義』に向かって全力投球!

もくじ

第一章 アマの虎
第二章 アインシュタインとネズミ男
第三章 凜々子、北へ!

人物相関図


おすすめコメント

✦ストーリー性が濃くなっている。阿川佐和子の新機軸といってもいい。 北上次郎氏(角川文庫1巻解説より)

✦竹村凜々子、二十九歳。女子と女の狭間を漂う、なんとも心惹かれる響きだ。 ジェーン・スー氏(角川文庫2巻解説より)

✦この物語は検事という仕事を通じて、一人の女性がいかに成長していくかを描いているが、この職業だからこそ感じる、社会の矛盾を問いかけているのだと思う。 東えりか氏(角川文庫3巻解説より)

✦凜々子に出合った時、心が躍った。そこに生きた検事がいたからである。 堀田 力氏(角川文庫4巻解説より)

✦うっとおしいほどまっすぐな凜々子に、がんばれと声をかけてあげたくなります! SHIBUYA TUTAYA 内山はるかさん
✦凜々子は融通がきかな過ぎます。でも自分の気持ちに正直すぎるところはうらやましい(32歳 女性)
✦暴走しても周囲から必ず助けてもらえる。自然に味方を増やす純粋さを学びとります!(26歳 女性)

メディアミックス情報

NEWS

「正義のセ 4 負けっぱなしで終わるもんか!」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 人間として検事として一回り成長した凛々子。尼崎と札幌での大きな収賄事件を起訴に持ち込む。だが最後に被疑者が殺人容疑を否認するところで終わってしまう。続編はあるのだろうか。この次は恋愛でも成長する凛々子 人間として検事として一回り成長した凛々子。尼崎と札幌での大きな収賄事件を起訴に持ち込む。だが最後に被疑者が殺人容疑を否認するところで終わってしまう。続編はあるのだろうか。この次は恋愛でも成長する凛々子をみたい。検事も普通の人間なんだから。 …続きを読む
    ゴンゾウ
    2020年03月01日
    88人がナイス!しています
  • 神戸地検尼崎支部に転勤になった凛々子。会話がだんだん関西弁に染まっていくあたりがリアル。だいたい関東人って関西に転勤すると関西弁になってしまうよね。関西人はどこに行っても関西弁なのに。解説に元東京地検 神戸地検尼崎支部に転勤になった凛々子。会話がだんだん関西弁に染まっていくあたりがリアル。だいたい関東人って関西に転勤すると関西弁になってしまうよね。関西人はどこに行っても関西弁なのに。解説に元東京地検特捜部の鬼検事と恐れられた堀田力氏を持ってくる所が心憎い。でも、この鬼検事でさえ凛々子にはメロメロのご様子。検事としても女性としても魅力ある主人公であることは間違いない。堀田さんではないが、ぜひ凛々子には素敵な恋をしてもらいたいと願うばかりである。 …続きを読む
    future4227
    2018年05月20日
    51人がナイス!しています
  • 「完璧な人間じゃないのに、他人の人生、いや、ときに生命を裁かなければならない。だから、失敗は許されない。感情に左右されず、常に自らを律してフェアな判断を下す能力が、他の人より何十倍も必要となる。」凜 「完璧な人間じゃないのに、他人の人生、いや、ときに生命を裁かなければならない。だから、失敗は許されない。感情に左右されず、常に自らを律してフェアな判断を下す能力が、他の人より何十倍も必要となる。」凜々子の検事としての力がぐっとついた巻。「検事も人間である。」、家族、友人、恋愛模様、、。「感情」については、二面性を求められるのも我が職種と同じである。上記の言葉は私も肝に銘じたい。検事として、寄り添い、揺さぶり証言を引き出していく。まだまだ男尊女卑が残る状況もリアルに描いていく。続きはいつ出るかなあ。 …続きを読む
    のぶのぶ
    2018年04月28日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

阿川 佐和子

953年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒。報道番組のキャスターを務めた後に渡米。帰国後、エッセイスト、小説家として活躍。99年に檀ふみ氏との往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞、2000年、『ウメ子』で坪田譲治文学賞、08年『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。12年に刊行した新書『聞く力 心をひらく35のヒント』は170万部を突破する大ベストセラーに。14年、菊池寛賞受賞。

最近チェックした商品