ドラマ化作品

正義のセ 3 名誉挽回の大勝負!

冤罪事件や親友の裏切りで凜々子大ピンチ!? 波乱万丈のシリーズ第3弾!

  • 著者 阿川 佐和子
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2017年04月25日
  • レーベル:角川文庫

冤罪事件や親友の裏切りで凜々子大ピンチ!? 波乱万丈のシリーズ第3弾!

親友・明日香の記事によって誤審を暴かれ、検事失業のピンチに陥った凜々子。それでも事件の真相を追い求め続けるなかで凜々子は冤罪犯が隠していた別の罪に気づく。ところが被害女性を訪ねたものの門前払いにされてしまい、その裏に明日香がいることを知り……。
一方プライベートでは妹・温子の破談に責任を感じた凜々子が大暴走し、神蔵守にまさかの逆プロポーズ!?
下町育ちの女検事の成長物語、恋と友情のゆくえは――!

もくじ

第一章 「明日香?」
第二章 姉の決断
第三章 太陽とそら豆

人物相関図

おすすめコメント

✦ストーリー性が濃くなっている。阿川佐和子の新機軸といってもいい。 北上次郎氏(角川文庫1巻解説より)

✦竹村凜々子、二十九歳。女子と女の狭間を漂う、なんとも心惹かれる響きだ。 ジェーン・スー氏(角川文庫2巻解説より)

✦この物語は検事という仕事を通じて、一人の女性がいかに成長していくかを描いているが、この職業だからこそ感じる、社会の矛盾を問いかけているのだと思う。 東えりか氏(角川文庫3巻解説より)

✦凜々子に出合った時、心が躍った。そこに生きた検事がいたからである。 堀田 力氏(角川文庫4巻解説より)

✦うっとおしいほどまっすぐな凜々子に、がんばれと声をかけてあげたくなります! SHIBUYA TUTAYA 内山はるかさん
✦凜々子は融通がきかな過ぎます。でも自分の気持ちに正直すぎるところはうらやましい(32歳 女性)
✦暴走しても周囲から必ず助けてもらえる。自然に味方を増やす純粋さを学びとります!(26歳 女性)

メディアミックス情報

NEWS

正義のセ

日本テレビ系にて4月11日(水)よる10時スタート!
出演者:吉高由里子 安田顕 三浦翔平 広瀬アリス 寺脇康文 生瀬勝久 他
原 作:阿川佐和子「正義のセ」シリーズ(角川文庫)
脚 本:松田裕子

著者紹介

阿川 佐和子

1953年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒。報道番組のキャスターを務めた後に渡米。帰国後、エッセイスト、小説家として活躍。99年に檀ふみ氏との往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞、2000年、『ウメ子』で坪田譲治文学賞、08年『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。12年に刊行した新書『聞く力 心をひらく35のヒント』は170万部を突破する大ベストセラーに。14年、菊池寛賞受賞。

文庫売上ランキング

最近チェックした商品