正義のセ 3 名誉挽回の大勝負! 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年04月25日
商品形態:
電子書籍

正義のセ 3 名誉挽回の大勝負!

  • 著者 阿川 佐和子
発売日:
2017年04月25日
商品形態:
電子書籍

冤罪事件や親友の裏切りで凜々子大ピンチ!? 波乱万丈のシリーズ第3弾!

小学校の同級生で親友の明日香に裏切られた凛々子。さらに自分の仕事のミスが妹・温子の破談をまねいていたことを知る。自己嫌悪に陥った凛々子は同期の神蔵守にある決断を伝えるが……!?

※本書は、二○一三年三月に小社より刊行された単行本「正義のセ 3」を、改題のうえで文庫化したものが底本です。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「正義のセ 3 名誉挽回の大勝負!」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前作で冤罪事件の当事者となり、久しぶりに再会した幼なじみで大親友だった明日香に裏切られた凛々子。窮地をどうやって切り抜けられるか期待して読み始めた。冒頭は明日香の生い立ちの話で肩透かしにあったような。 前作で冤罪事件の当事者となり、久しぶりに再会した幼なじみで大親友だった明日香に裏切られた凛々子。窮地をどうやって切り抜けられるか期待して読み始めた。冒頭は明日香の生い立ちの話で肩透かしにあったような。結果は明日香の誤解も解けふたりで冤罪疑惑に立ち向かう。冤罪事件の裏には婦女暴行の被害者が。女性検事として被害者と向き合う凛々子。上手く解決できるといいな。 …続きを読む
    ゴンゾウ
    2019年05月26日
    81人がナイス!しています
  • いい所で「つづく」的な終わり方をした前巻の後編とも言うべき第3巻。凛々子の親友、明日香との亀裂。検事と新聞記者というそれぞれのプロ意識と友情との狭間で、二人が少しずつ折り合いをつけていく様子がなんとも いい所で「つづく」的な終わり方をした前巻の後編とも言うべき第3巻。凛々子の親友、明日香との亀裂。検事と新聞記者というそれぞれのプロ意識と友情との狭間で、二人が少しずつ折り合いをつけていく様子がなんとも微笑ましい。整形美人の明日香の目を通して、容姿や美醜によって態度を豹変させる世の中の男どもを嘲笑うかのようなドSっぽい所がいかにも阿川さんらしいな。そして、凛々子と神蔵くんの掛け合いは、まるで誉田哲也氏の小説に出てくる姫川玲子と井岡にそっくりと思うのは私だけだろうか。 …続きを読む
    future4227
    2018年05月17日
    50人がナイス!しています
  • なんだかんだで、めでたしめでたし展開なんだろうけど、周りの使われ方が雑だなー。アルバイト3人とか、神蔵は余りにも可哀想な使われ方。凛々子は成長過程にあると考えて読まないとなんだか検事として幼い印象が。 なんだかんだで、めでたしめでたし展開なんだろうけど、周りの使われ方が雑だなー。アルバイト3人とか、神蔵は余りにも可哀想な使われ方。凛々子は成長過程にあると考えて読まないとなんだか検事として幼い印象が。さて、次が最終巻。どうなりますか。 …続きを読む
    ゆきちん
    2019年08月03日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品