試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041116234

ことことこーこ

  • 著者 阿川 佐和子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041116234

まだまだ仕事がしたいのに……もう介護!? アラフォー長女の奮闘記!

離婚して老父母の暮らす実家に戻った香子。専業主婦を卒業し、フードコーディネーターとしての新たな人生を歩み出した矢先、母・琴子に認知症の症状が表れはじめる。弟夫婦は頼りにならず、仕事も介護も失敗つづき。琴子の昔の料理ノートにヒントをもらい、ようやく手応えを感じた出張の帰り道、弟から「母さんが見つからない」と連絡があり……。

年とともに変わりゆく親子の関係を、ユーモアと人情たっぷりに描き出す長編小説。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ことことこーこ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 母さんは呆けた、離婚して戻った娘香子に父は言う。認知症と診断され、家に戻ると父が倒れて亡くなった。フードコーディネーターをしながら、いろんなことがわからなくなっていく母との生活。阿川さんだから明るくほ 母さんは呆けた、離婚して戻った娘香子に父は言う。認知症と診断され、家に戻ると父が倒れて亡くなった。フードコーディネーターをしながら、いろんなことがわからなくなっていく母との生活。阿川さんだから明るくほのぼの描かれているが、これが現実かと思い知らされた。こんなふうに心広く接する香子えらい!母のレシピの再現、施設に入ることになった経緯、最後のパーティ、周りの人々のさり気ない心遣いは、感動しか言いようがない。そして、このお話の題名「ことことこーこ」はそこにつながるのか。ステキなお話でした。 …続きを読む
    ミキティ
    2021年11月24日
    10人がナイス!しています
  • 認知症のお母様の介護体験を元にした小説。認知症の人のことを「壊れていく」って表現するのってどうかと思うんだけど。「忘れられてしまう」ことについても、どうして世間の人はそんなに悲観的に考えるのかわからな 認知症のお母様の介護体験を元にした小説。認知症の人のことを「壊れていく」って表現するのってどうかと思うんだけど。「忘れられてしまう」ことについても、どうして世間の人はそんなに悲観的に考えるのかわからない。私はむしろ忘れられたらそれはそれでスッキリするけれど。様々なことを忘れていくのは重荷を下ろして無の境地に近づいていくことではないのか。他人の認知の衰えを外から見ている者が横取りして悲観するのは失礼だと思う。出来なくなっていく行動を補うことだけに注力すればいいのに。 …続きを読む
    kaze
    2021年11月09日
    9人がナイス!しています
  • 介護をしなければならない年齢を迎えました。米寿を迎えた父と85歳の母が元気にしてます。終末を楽しく生きてほしいと思います。反面、介護をする側は大変なんだよと思うのも事実です。行政と上手くバランスが取れ 介護をしなければならない年齢を迎えました。米寿を迎えた父と85歳の母が元気にしてます。終末を楽しく生きてほしいと思います。反面、介護をする側は大変なんだよと思うのも事実です。行政と上手くバランスが取れれば良いと思います。 …続きを読む
    かずぺん
    2021年10月08日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品