銀橋

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784041057179

銀橋

  • 著者 中山 可穂
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784041057179

芸の道に打ち込むジェンヌさんたちの愛と青春を謳いあげた宝塚小説第三弾!

宝塚という花園の、酸いも甘いも知り抜いた生き字引のような専科のアモーレさん。どこまでも渋く、成熟した大人のダンディズムを滲ませ、登場するだけで場の空気を締める――そんなプロフェッショナルな職人魂に憧れ、宝塚に入団したえり子。音楽学校で分担さんだった先輩、花瀬レオが組替えで同じ宙組になり、落下傘でついにトップスターに就任。レオンさんを幸せに卒業させるまでが自分の任期と思い定め、懸命にレオンを支えるえり子たち。
「本当に美しいものだけが、絶望している人の心に訴えかけて、人の心を救うことができる――こんな素敵な仕事がほかにあるか? だから私たちのやってることはお嬢様芸ではなくて、つねに命がけの芸術なんだよ」
ひたむきに芸の道に打ち込むジェンヌさんたちの愛と青春を謳いあげた、『男役』『娘役』に続く魅惑の宝塚シリーズ第三弾!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「銀橋」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 宝塚と言う特別な世界、男役も娘役もそして客席も一体となった夢の国。あぁ、実際に公演を観たことがあれば、もっと楽しめただろうなぁ。でも、面白く読めましたよ。 宝塚と言う特別な世界、男役も娘役もそして客席も一体となった夢の国。あぁ、実際に公演を観たことがあれば、もっと楽しめただろうなぁ。でも、面白く読めましたよ。
    ゆみねこ
    2018年11月08日
    79人がナイス!しています
  • 宝塚歌劇の世界に生きるタカラジェンヌ達を描いた群像劇。最近、第3次ヅカブームがきた私にはタイムリーで、楽しく読みました。いくら特殊な世界を描いているからといっても、あり得ないよ!と思う設定も色々ありま 宝塚歌劇の世界に生きるタカラジェンヌ達を描いた群像劇。最近、第3次ヅカブームがきた私にはタイムリーで、楽しく読みました。いくら特殊な世界を描いているからといっても、あり得ないよ!と思う設定も色々ありますが…この人のモデルは○さんかなぁ?あの人は▲さんに似てるかも!とか思い描くのは面白かったです。 …続きを読む
    さつき
    2019年02月17日
    71人がナイス!しています
  • 「男役」「娘役」に続く中山可穂さんの「宝塚シリーズ3部作」の最終巻。タイトルの「銀橋」とは、客席とオーケストラボックスの間にある花道で、ここを通るスターさんの視線に観客は一喜一憂させられる。いわば「宝 「男役」「娘役」に続く中山可穂さんの「宝塚シリーズ3部作」の最終巻。タイトルの「銀橋」とは、客席とオーケストラボックスの間にある花道で、ここを通るスターさんの視線に観客は一喜一憂させられる。いわば「宝塚」を象徴するものといえる。著者は、著者の妄想で書いたフィクションだと言っているが、宝塚歌劇を支えているスターたちの苦悩がこれほどであることは想像にかたくない。「第1弾・第2弾を読み、宝塚を観てみたくなった」という読者も多いのだが、第3弾はファンにしかわからない用語も多様されていて、その面では残念に思う。 …続きを読む
    いこ
    2019年11月04日
    48人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品