試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041111543

銀橋

  • 著者 中山 可穂
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041111543

愛と青春の宝塚小説第三弾! 解説・早花まこ(元宝塚歌劇団・雪組娘役)

宝塚という花園の、酸いも甘いも知り抜いた生き字引のような専科のアモーレさん。
どこまでも渋く、成熟した大人のダンディズムを滲ませ、登場するだけで場の空気を締める――そんなプロフェッショナルな職人魂に憧れ、宝塚に入団したえり子。
音楽学校で分担さんだった先輩、花瀬レオが組替えで同じ宙組になり、落下傘でついにトップスターに就任。
レオンさんを幸せに卒業させるまでが自分の任期と思い定め、懸命にレオンを支えるえり子たち。
「本当に美しいものだけが、絶望している人の心に訴えかけて、人の心を救うことができる――こんな素敵な仕事がほかにあるか?
だから私たちのやってることはお嬢様芸ではなくて、つねに命がけの芸術なんだよ」

ひたむきに芸の道に打ち込むジェンヌさんたちの愛と青春を謳いあげた、『男役』『娘役』に続く魅惑の宝塚シリーズ第三弾!

解説・早花まこ(元宝塚歌劇団・雪組娘役)
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「銀橋」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 果てしなく繰り返される憧れのセンパイの連鎖がとっても美味しゅうございました。ブラボー♪ 果てしなく繰り返される憧れのセンパイの連鎖がとっても美味しゅうございました。ブラボー♪
    次へ
    2021年07月09日
    2人がナイス!しています
  • 男役、娘役、に続く宝塚歌劇三部作の最後。正直、宝塚ファンの私は、キワモノのような小説ではないかと敬遠していたのだが、元タカラジェンヌの早花まこさんが解説を書いたとのことで読んでみた。文章は美しく、リア 男役、娘役、に続く宝塚歌劇三部作の最後。正直、宝塚ファンの私は、キワモノのような小説ではないかと敬遠していたのだが、元タカラジェンヌの早花まこさんが解説を書いたとのことで読んでみた。文章は美しく、リアルさがただよう作品だったが、品よく話がまとめられていて面白みには欠けるかな?という感じ。多分、男役、娘役も読んで初めて一作という感じかもしれない。 https://note.com/otobokedansyaku/n/n1b5752746d2c …続きを読む
    おとぼけ男爵
    2021年05月25日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品