砂上

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041046005
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

砂上

  • 著者 桜木 紫乃
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041046005

直木賞作家の新たな到達点! 書くことに取り憑かれた女の再生の物語。

男にも金にも見放された女の前に現れたのは、 冷徹な編集者だった――。

空が色をなくした冬の北海道・江別。柊令央は、ビストロ勤務で得る数万円の月収と、元夫から振り込まれる慰謝料で細々と暮らしていた。いつか作家になりたい。そう思ってきたものの、夢に近づく日はこないまま、気づけば四十代に突入していた。ある日、令央の前に一人の編集者が現れる。「あなた今後、なにがしたいんですか」。責めるように問う小川乙三との出会いを機に、令央は母が墓場へと持っていったある秘密を書く決心をする。だがそれは、母親との暮らしを、そして他人任せだった自分のこれまでを直視する日々の始まりだった。

これは本当にフィクションなのか――。
現実と虚構が交錯する傑作長編!

人物相関図


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「砂上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【サイン本】作家を目指す女性の話!個人的 な話ですみませんが、この作品はコンディションが良いときに読みたかったですね。コンディションが良ければ集中力もあって、一気読みできる面白い作品だったと思います。 【サイン本】作家を目指す女性の話!個人的 な話ですみませんが、この作品はコンディションが良いときに読みたかったですね。コンディションが良ければ集中力もあって、一気読みできる面白い作品だったと思います。『砂上』の 物語の中にも『砂上』の物語…。現実と虚構…。ちょっと混乱しましたが、ミオ、令央、美利はなんだかんだ家族なんだなという絆を感じ、作家と編集者で作りあげる作品の大変さの課程には、桜木紫乃さん本人の姿に見えました。令央には、2作目を頑張って書いてほしいと応援したくなりますね。 …続きを読む
    しんごろ
    2017年11月10日
    308人がナイス!しています
  • 桜木紫乃は、新作中心に読んでいる作家です。著者が同い年ということもあり、応援しています。本書は母娘、親子三代の物語、中編ながら女の業が詰まっています。半分、私小説でもあるのでしょうか? 桜木紫乃は、新作中心に読んでいる作家です。著者が同い年ということもあり、応援しています。本書は母娘、親子三代の物語、中編ながら女の業が詰まっています。半分、私小説でもあるのでしょうか?
    starbro
    2017年10月19日
    299人がナイス!しています
  • 複雑な母娘関係を持つ柊令央が、小説「砂上」の出版のため、編集者とやり取りを重ねる。数度の書き直しとなるが、自身の母の過去を知る等の経験を経て作品は完成する。今までの桜木作品とは少し異なる印象を持つ。今 複雑な母娘関係を持つ柊令央が、小説「砂上」の出版のため、編集者とやり取りを重ねる。数度の書き直しとなるが、自身の母の過去を知る等の経験を経て作品は完成する。今までの桜木作品とは少し異なる印象を持つ。今までの桜木紫乃さんの作品では暗さの中に仄かな救いがあったと思う。この作品では私の読解力の不足もあり、そこまでの救いは感じられず。ヒリヒリする感覚は健在。離婚した夫とのやり取り。たかりと呼ばれながら慰謝料を一括で請求し手切れとする様子。私小説のため勤務先を追われる様子。繰り返し読むと理解が深まるのかもしれない。 …続きを読む
    yoshida
    2018年01月06日
    266人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

桜木 紫乃



1965年北海道生まれ。2002年「雪虫」で第82回オール讀物新人賞を受賞。07年、同作を収録した『氷平線』で単行本デビュー。13年、『ラブレス』で第19回島清恋愛文学賞、『ホテルローヤル』で第149回直木三十五賞を受賞。『氷の轍』『裸の華』『霧(ウラル)』『それを愛とは呼ばず』『起終点駅(ターミナル)』『ブルース』『星々たち』『蛇行する月』『ワン・モア』『誰もいない夜に咲く』等、著書多数。

最近チェックした商品