映画化作品|ドラマ化作品

第151回直木賞

角川文庫

破門

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784041041178
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

映画化作品|ドラマ化作品

第151回直木賞

角川文庫

破門

  • 著者 黒川 博行
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784041041178

第151回直木賞を受賞した、エンタメ小説の最高峰。

映画製作への出資金を持ち逃げされたヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮。失踪したプロデューサーを追い、桑原は本家筋の構成員を病院送りにしてしまう。組同士の込みあいをふたりは切り抜けられるのか

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

直木賞受賞 黒川博行氏受賞インタビュー


「破門」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読了。この厚みの本にしては本当にあっという間に読み終えました。題名が題名なのでどうなってしまうのか最後の最後まで引き込まれたまま終盤に来て あ〰😱 やっぱり〰😱 となりました。なるわな〰あれだけ暴 読了。この厚みの本にしては本当にあっという間に読み終えました。題名が題名なのでどうなってしまうのか最後の最後まで引き込まれたまま終盤に来て あ〰😱 やっぱり〰😱 となりました。なるわな〰あれだけ暴れれば❗もうこのコンビを読めなくなるの? 続編、早く文庫になれ〰‼又暴れる桑原、引きずられる二宮を読みたい〰‼ …続きを読む
    五右衛門
    2018年07月11日
    90人がナイス!しています
  • 久しぶりの「疫病神シリーズ」。お馴染みのキャラクターたちが大暴れ。今回もリアリティーのある描写で先の気になる展開。相変わらずはらはらさせられる。桑原さんの無謀にも思えるイケイケっぷりに、二宮さんのした 久しぶりの「疫病神シリーズ」。お馴染みのキャラクターたちが大暴れ。今回もリアリティーのある描写で先の気になる展開。相変わらずはらはらさせられる。桑原さんの無謀にも思えるイケイケっぷりに、二宮さんのしたたかなダメ男っぷりも健在。そして痛々しい描写も…。それでも今までになく極道の世界に詳しく描かれていて桑原さんのこれからが少し心配に。極道の世界は駆け引きやケジメにメンツと、上手く渡り歩くのは大変で。その合間の二人のやり取りが楽しかった。難しく感じる部分もやっぱりあったけれど、解説での本の評価もよかったです。 …続きを読む
    Rin
    2017年10月14日
    77人がナイス!しています
  • やっと、1冊目(爆笑)なんか、桑原のラストが、、こうなるんやぁ、、って想定外だったかなぁ。迫力あるシーンが、数多くて、ドキドキさせられるし、セツオを守る二宮の気持ちも、熱くなったなぁ。映画、見てみよう やっと、1冊目(爆笑)なんか、桑原のラストが、、こうなるんやぁ、、って想定外だったかなぁ。迫力あるシーンが、数多くて、ドキドキさせられるし、セツオを守る二宮の気持ちも、熱くなったなぁ。映画、見てみようかなぁとも、思えました!(^○^) …続きを読む
    kentama®️
    2017年02月05日
    74人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:黒川博行(くろかわ・ひろゆき)

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)

1949年3月4日愛媛県今治市生まれ。京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。大阪府立高校の美術教師を経て、83年、『二度のお別れ』が第1回サントリーミステリー大賞佳作。86年、『キャッツアイころがった』で第4回サントリーミステリー大賞を受賞。96年、『カウント・プラン』で第49回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)を受賞。2014年、『破門』で第151回直木三十五賞を受賞。他の著作に、『悪果』『繚乱』『離れ折紙』『後妻業』『勁草』など。   
★「疫病神」シリーズ 『疫病神』『国境』『暗礁』『螻蛄』『破門』

最近チェックした商品