破門

映画化作品|ドラマ化作品

第151回直木賞

破門

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784041041178
label

映画化作品|ドラマ化作品

第151回直木賞

破門

  • 著者 黒川 博行
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2016年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784041041178

第151回直木賞を受賞した、エンタメ小説の最高峰。

映画製作への出資金を持ち逃げされたヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮。失踪したプロデューサーを追い、桑原は本家筋の構成員を病院送りにしてしまう。組同士の込みあいをふたりは切り抜けられるのか 映画製作への出資金を持ち逃げされたヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮。失踪したプロデューサーを追い、桑原は本家筋の構成員を病院送りにしてしまう。組同士の込みあいをふたりは切り抜けられるのか

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

絶賛の声!!

直木賞選評より

文句がつけようもないほど、スピード感があって面白い。
── 北方謙三氏(選考委員)

もはや職人芸の世界であり、エンターテインメントとして過不足がない。
── 髙村薫氏(選考委員)

スピーディな展開でいっきに読ませる。登場人物のキャラクターと会話のいきいきとして、魅力的なことといったらどうだろう。
── 林真理子氏(選考委員)

漫才のよう、と表現する人もいるだろうが、実際の漫才で、これほど多重に練り込まれたやりとりを私は耳にしたことがない。
── 東野圭吾氏(選考委員)

ここ十年でいちばん愉快で愛嬌のある小説
── 宮部みゆき氏(選考委員)

書評家からも、賞賛の声

ミステリ史上最凶のコンビといえば、本作のふたり。その基盤となる設定をひっくり返した、大胆極まりない作品だ。
── 千街晶之氏(ミステリ評論家・「本の旅人」2014年2月号)

スピーディーな展開、炸裂するバイオレンスに読者は我を忘れるだろう。
── 中辻理夫氏(文芸評論家・「週刊実話」2014年6月5日号)

「疫病神」シリーズ紹介

  





プロモーションムービー

直木賞受賞 黒川博行氏受賞インタビュー

「破門」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズものと知らずに。直木賞をシリーズの5作目が獲るというのは、稀有なケースでは?過去のエピは、要所要所で挿入されており、じゅうぶんに楽しめた。途中少々冗長な感あり...が、桑原と二宮の絶妙な掛け合いが シリーズものと知らずに。直木賞をシリーズの5作目が獲るというのは、稀有なケースでは?過去のエピは、要所要所で挿入されており、じゅうぶんに楽しめた。途中少々冗長な感あり...が、桑原と二宮の絶妙な掛け合いが、そんなことも忘れさせてくれた。 …続きを読む
    ミカママ
    2017年05月03日
    305人がナイス!しています
  • 今作では、映画製作への出資金詐欺にニ蝶会の若頭が引っかかってしまいました。ダメ男・二宮とイケイケヤクザ・桑原の凸凹コンビが詐欺師を追っていきますが、本家筋の組との争い(込み合い)に追い込まれてしまいまし 今作では、映画製作への出資金詐欺にニ蝶会の若頭が引っかかってしまいました。ダメ男・二宮とイケイケヤクザ・桑原の凸凹コンビが詐欺師を追っていきますが、本家筋の組との争い(込み合い)に追い込まれてしまいました。桑原の生き残りを賭けた大勝負とそれに巻き込まれる二宮の活躍と災難が、読ませます。ほとんど徹夜です。作中、パチンコは警察と極道とクサレ議員の米櫃だ。」というストーリーとは関係ない話が出てきます。ウムなるほどね、と唸ってしまいます。こんな言葉がたくさん登場してくるのも、黒川さんの小説に痺れる要因の一つです。 …続きを読む
    ぶち
    2023年08月20日
    106人がナイス!しています
  • シリーズ5作目。今回も二宮と桑原のコンビがいい味を出しています。映画制作の制作委員会の構造を使った詐欺。出資者が債務者になってしまう。本来は被害者なのに。今作で破門となってしまった桑原はどうなるのでし シリーズ5作目。今回も二宮と桑原のコンビがいい味を出しています。映画制作の制作委員会の構造を使った詐欺。出資者が債務者になってしまう。本来は被害者なのに。今作で破門となってしまった桑原はどうなるのでしょうか。 …続きを読む
    ゴンゾウ@新潮部
    2023年09月04日
    102人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:黒川博行(くろかわ・ひろゆき)

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)

1949年3月4日愛媛県今治市生まれ。京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。大阪府立高校の美術教師を経て、83年、『二度のお別れ』が第1回サントリーミステリー大賞佳作。86年、『キャッツアイころがった』で第4回サントリーミステリー大賞を受賞。96年、『カウント・プラン』で第49回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)を受賞。2014年、『破門』で第151回直木三十五賞を受賞。他の著作に、『悪果』『繚乱』『離れ折紙』『後妻業』『勁草』など。   
★「疫病神」シリーズ 『疫病神』『国境』『暗礁』『螻蛄』『破門』

この著者の商品

最近チェックした商品