絵が殺した

絵が殺した

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041112373
label

絵が殺した

  • 著者 黒川 博行
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2021年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041112373

「わし、殺しが専門ですねん」 刑事コンビが美術業界の闇に迫る!

大阪の竹林で見つかった男の白骨死体。身元は京都の日本画家と判明する。だが、彼は丹後半島で転落死したはずだった。
大阪府警の刑事・吉永は、頼りない後輩の小沢と共に遠く離れた場所に死体が埋まっていた謎を追うことに。
事件の背後に大規模な贋作グループの存在が浮上するが、その矢先、更なる犠牲者が。
曲者揃いの画商たちに翻弄される吉永は、業界の闇を暴き、二転三転する事件の真相にたどり着くことができるのか?
大阪の竹林で見つかった男の白骨死体。身元は京都の日本画家と判明する。だが、彼は丹後半島で転落死したはずだった。
大阪府警の刑事・吉永は、頼りない後輩の小沢と共に遠く離れた場所に死体が埋まっていた謎を追うことに。
事件の背後に大規模な贋作グループの存在が浮上するが、その矢先、更なる犠牲者が。
曲者揃いの画商たちに翻弄される吉永は、業界の闇を暴き、二転三転する事件の真相にたどり着くことができるのか?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「絵が殺した」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 好物の黒川先生の美術もの。美術業界の複雑な内情は面白いねー。特に日本画の場合贋作と知りながら画商とコレクターがババ抜きゲームをするってとこ,土地ころがしと同じだ。今回は贋作だけのネタで構成はシンプルで 好物の黒川先生の美術もの。美術業界の複雑な内情は面白いねー。特に日本画の場合贋作と知りながら画商とコレクターがババ抜きゲームをするってとこ,土地ころがしと同じだ。今回は贋作だけのネタで構成はシンプルでした。科捜研を使った捜査は面白かった。特に筆跡鑑定とコンセントとかね。怪しげな画商が次々現れてほんとにみんなワルでワルの多層構造になっているのが初期の作品らしいところ。このトリック,難しすぎて現在だったら計画できないね。堪能しました。 …続きを読む
    修一郎
    2023年07月30日
    108人がナイス!しています
  • 黒川さん、初期の作品の新装版。竹林から発見された死体は、海で転落死したはずの日本画家。事件の謎を追う大阪府警の吉永と少し頼りない新米刑事の小沢のコンビ。これに絡んでくる怪しげな画商矢野のキャラが良い。 黒川さん、初期の作品の新装版。竹林から発見された死体は、海で転落死したはずの日本画家。事件の謎を追う大阪府警の吉永と少し頼りない新米刑事の小沢のコンビ。これに絡んでくる怪しげな画商矢野のキャラが良い。解説では「明石家さんまさんに演じてもらいたい」とあったが、まさにそんな感じ。贋作を巡る絵画の闇の世界。まさにバブル期らしいテーマです。事件の謎は二転三転、最後はそう来たか!という感じでした。面白かったです。★★★+ …続きを読む
    サンダーバード@怪しいグルメ探検隊・隊鳥
    2021年05月01日
    77人がナイス!しています
  • 美術品の世界を舞台にした黒川さんの小説。画家、画商、美術関係の出版社の関係や横行する贋作や絵の値段のつき方など美術品の世界を垣間見ることができました。携帯電話や防犯カメラが登場しない時代のものなので、 美術品の世界を舞台にした黒川さんの小説。画家、画商、美術関係の出版社の関係や横行する贋作や絵の値段のつき方など美術品の世界を垣間見ることができました。携帯電話や防犯カメラが登場しない時代のものなので、若干違和感は感じましたが、テンポ良く物語が展開していったこともあり、楽しんで読むことがでしました。ポイント、ポイントで登場するデコちゃんとのやり取りも良かった。 …続きを読む
    紫陽花
    2023年10月15日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品