試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041112373

関連作品有り

絵が殺した

  • 著者 黒川 博行
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041112373

「わし、殺しが専門ですねん」 刑事コンビが美術業界の闇に迫る!

大阪の竹林で見つかった男の白骨死体。身元は京都の日本画家と判明する。だが、彼は丹後半島で転落死したはずだった。
大阪府警の刑事・吉永は、頼りない後輩の小沢と共に遠く離れた場所に死体が埋まっていた謎を追うことに。
事件の背後に大規模な贋作グループの存在が浮上するが、その矢先、更なる犠牲者が。
曲者揃いの画商たちに翻弄される吉永は、業界の闇を暴き、二転三転する事件の真相にたどり着くことができるのか?

メディアミックス情報

NEWS

「絵が殺した」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 黒川さん、初期の作品の新装版。竹林から発見された死体は、海で転落死したはずの日本画家。事件の謎を追う大阪府警の吉永と少し頼りない新米刑事の小沢のコンビ。これに絡んでくる怪しげな画商矢野のキャラが良い。 黒川さん、初期の作品の新装版。竹林から発見された死体は、海で転落死したはずの日本画家。事件の謎を追う大阪府警の吉永と少し頼りない新米刑事の小沢のコンビ。これに絡んでくる怪しげな画商矢野のキャラが良い。解説では「明石家さんまさんに演じてもらいたい」とあったが、まさにそんな感じ。贋作を巡る絵画の闇の世界。まさにバブル期らしいテーマです。事件の謎は二転三転、最後はそう来たか!という感じでした。面白かったです。★★★+ …続きを読む
    サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥)
    2021年05月01日
    73人がナイス!しています
  • 1990年出版の作品。絵画バブル最盛期にあたる時期。竹の子が死体を掘り起こした冒頭からガッチリ読者の好奇心をつかんで離しません。怪しげな人物が次々と現れ、犯人の見当はつくけど、過去の出来事と贋物が絡み 1990年出版の作品。絵画バブル最盛期にあたる時期。竹の子が死体を掘り起こした冒頭からガッチリ読者の好奇心をつかんで離しません。怪しげな人物が次々と現れ、犯人の見当はつくけど、過去の出来事と贋物が絡み、金沢へ、山口へ。 誠やんも文ちゃんも総長も大忙し。「あんたの手錠やったら そう痛うないような気がしたんや」妹思いの犯人。ラスト、持って行かれましたよ。ウエットにならないのも好ポイント。解説:新井順子(映像製作会社プロデューサー)映像化?書影が出ない。おいしそうな苺by黒川雅子作。 …続きを読む
    kei302
    2021年04月27日
    61人がナイス!しています
  • 売れない画家の白骨遺体発見から始まる事件。美術界の裏側とか知りました! 売れない画家の白骨遺体発見から始まる事件。美術界の裏側とか知りました!
    坂城 弥生
    2021年09月22日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品