試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041085622

海の稜線

  • 著者 黒川 博行
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041085622

直木賞作家の本領発揮、ユーモア全開の警察小説

大阪府警捜査一課の文田巡査部長と総田部長刑事――通称“ブンと総長”は、名神高速道路で起きた乗用車爆破事件の現場に来ていた。東京から赴任してきた新人キャリアの萩原警部補はことあるごとに大阪の水が合わないと言い、文田たちはこの年下の生真面目な上司に振り回される羽目に。続いてマンションで起きたガス爆発をきっかけに、意外にも過去の海難事故が捜査線上に浮かぶ。絡まった糸をほぐすように事件の真相にせまるうち、文田・総田と萩原の間にはほのかな友情が芽ばえる。
完成されたスタイルと抜群のリーダビリティを備えた、直木賞作家の隠れた名作。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「海の稜線」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なにせ大阪弁の掛け合い漫才みたいな会話が面白い。大坂府警の総長とブンちゃんの刑事が事件の解明に働く、働く。30年以上前の作品なので働き方改革もなんじゃそれって感じ。そこに、警視庁からキャリアの萩原刑事 なにせ大阪弁の掛け合い漫才みたいな会話が面白い。大坂府警の総長とブンちゃんの刑事が事件の解明に働く、働く。30年以上前の作品なので働き方改革もなんじゃそれって感じ。そこに、警視庁からキャリアの萩原刑事が来たものだから東西文化圏の対決が笑える。そっか、あの頃はまだ瀬戸大橋が架かってなかったんだとか、本部への連絡が赤電話でとか当時は当たり前のことでも、今思えば何と大変な作業だったんだろうと。ストーリーも二転三転しながら真相に近づく。余談ながら、昨年末に宇高連絡船も廃止になり、いよいよ昭和は遠くになりにけり。 …続きを読む
    タイ子
    2020年01月15日
    72人がナイス!しています
  • 黒川博行さんの著書9冊目読了。相変わらず大阪弁がテンポ良く飛び交い、今回は大阪府警のブンと総長、東京から来た新人キャリアの萩原とのお互いをこき下ろすやり取りがメッチャ面白かった。それに船体保険詐欺とか 黒川博行さんの著書9冊目読了。相変わらず大阪弁がテンポ良く飛び交い、今回は大阪府警のブンと総長、東京から来た新人キャリアの萩原とのお互いをこき下ろすやり取りがメッチャ面白かった。それに船体保険詐欺とか営業権の転売とか普段気にした事もない話で興味深かった。でも黒川さんってこんな警察小説を書いていたなんてそっちの方も驚いた。30年程前の作品だが色褪せ感は全く感じなく大阪弁のやり取りと一緒に楽しめた。☆☆☆☆☆ …続きを読む
    mr.lupin
    2020年02月06日
    59人がナイス!しています
  • この表紙を見 読んだ気に・・あれは夕食のオカズだった。黒川氏の直木賞受賞へ至る路程の初期傑作とある。面白すぎて頁を捲るのが止まらぬ。羽曳野から大阪府内をあちこち移動する捜査陣~総長とブン、キャリアの萩 この表紙を見 読んだ気に・・あれは夕食のオカズだった。黒川氏の直木賞受賞へ至る路程の初期傑作とある。面白すぎて頁を捲るのが止まらぬ。羽曳野から大阪府内をあちこち移動する捜査陣~総長とブン、キャリアの萩原。土佐へ徳島へ和歌山から泉南と🎶ケシ🍞ばばあと公言してはばからぬ総長、クールに決め 外見倒れでなく 分析能力に長けたエリート警部補が💎。犯人グループの手練手管の凄さ 頻出する海運業の内実に舌を巻くが~黒川氏に職歴が有り、実父は船舶ブローカーで蘊蓄アドバイスを得たとあり納得。とても執筆時の年代を感ぜず …続きを読む
    キムチ27
    2022年02月13日
    57人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品