試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041037164

エムブリヲ奇譚

  • 著者 山白 朝子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041037164

旅に出ては必ず迷う和泉蝋庵――哀しくも切ない道中記、ここに開幕。

旅本作家・和泉蝋庵の荷物持ちである耳彦は、ある日不思議な”青白いもの”を拾う。それは人間の胎児であるエムブリヲと呼ばれるもので…。迷い迷った道の先、辿りつくのは極楽の温泉かはたまたこの世の地獄かーー


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「エムブリヲ奇譚」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いや〜、面白かった!一編一編が本当に無駄がなく素晴らしい。かつ、恐ろしいの中に切なさなどもあり、それが絶妙に読後を不快感で終わらせないように仕上がっている。この作家さんの別名義の本も含め、実はまだ数冊 いや〜、面白かった!一編一編が本当に無駄がなく素晴らしい。かつ、恐ろしいの中に切なさなどもあり、それが絶妙に読後を不快感で終わらせないように仕上がっている。この作家さんの別名義の本も含め、実はまだ数冊しか読んだことがなかったが、これを機会にもっと読もう。表題作のエンブリヲなんかは絵ヅラで想像したら気持ち悪そうでも、読み進めるうちに可愛らしく感じてくる。あぁ、1点だけうぅ…小豆ちゃん…(号泣)。 …続きを読む
    nuit
    2017年05月30日
    144人がナイス!しています
  • 2.0 乙一別名義作品。 旅本作家、蠟庵先生と荷物持ちの耳彦の道中記なんだが、迷子の達人蠟庵先生とろくでなし耳彦が徐々に怖い話に巻き込まれ、最後には少し緩和される話で終わるんだけど…。ただ、これがずっ 2.0 乙一別名義作品。 旅本作家、蠟庵先生と荷物持ちの耳彦の道中記なんだが、迷子の達人蠟庵先生とろくでなし耳彦が徐々に怖い話に巻き込まれ、最後には少し緩和される話で終わるんだけど…。ただ、これがずっとループするような感覚がある。 私的には山白氏や中田氏作品より、乙一作品が好きかな。 …続きを読む
    ★グラスハート★
    2019年02月15日
    104人がナイス!しています
  • 読友さんの評判どおり、好みの世界観でとても面白かった。迷い癖のある螻庵と災厄を呼び寄せる耳彦が旅の道中、摩訶不思議な出来事に遭遇する怪奇幻想譚。朱川さんの雪華シリーズに乙一グロが加わった雰囲気で切なく 読友さんの評判どおり、好みの世界観でとても面白かった。迷い癖のある螻庵と災厄を呼び寄せる耳彦が旅の道中、摩訶不思議な出来事に遭遇する怪奇幻想譚。朱川さんの雪華シリーズに乙一グロが加わった雰囲気で切なくてエグい。何といっても素晴らしかったのが、「ラピスラズリ幻想」。この話を何度も読み返したいがために手放せない一冊となった。白耳彦の「エムブリヲ奇譚」「顔無し峠」も好き。「〆」「あるはずのない橋」は黒耳彦にイラっときた。後半にいくにつれ残酷さが際立ってきたが、最終話がこれまた良かった。続編の文庫化が待ち遠しい。 …続きを読む
    アッシュ姉
    2017年03月22日
    93人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品