私のサイクロプス

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年03月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041037270

私のサイクロプス

  • 著者 山白 朝子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年03月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041037270

旅の果てにあるものは地獄か天国か――和泉蝋庵の奇妙な道中記がふたたび。

出ては迷う旅本作家・和泉蝋庵の道中。荷物もちの耳彦とおつきの少女・輪、三人が辿りつく先で出会うのは悲劇かそれとも……。怪談専門誌「幽」の人気連載に書き下ろし「星と熊の悲劇」を加えた九篇の連作短編集。

メディアミックス情報

NEWS

「私のサイクロプス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 旅本作家、和泉蝋庵シリーズ第二弾!『エムブリヲ奇譚』読了後すぐ今作を読みました!今回は荷物持ちの耳彦の他に前作で登場した輪も共に旅に参加。この3人のバランスが良く前作以上に掛け合いが面白い♪またもや迷 旅本作家、和泉蝋庵シリーズ第二弾!『エムブリヲ奇譚』読了後すぐ今作を読みました!今回は荷物持ちの耳彦の他に前作で登場した輪も共に旅に参加。この3人のバランスが良く前作以上に掛け合いが面白い♪またもや迷い癖の為ありとあらゆる所に行ってしまう。前作以上に危険な目に合う耳彦の不運っぷりもスゴイ!怪異より人間の業の深さを感じる。「私のサイクロプス」が切なかった。「死の山」「呵々の夜」は乙一さんらしさを感じドキッとしてすごく面白かった!書き下ろしの「星と熊の悲劇」も切ないけど良かった。今から次の旅がとても楽しみ♡ …続きを読む
    ❁かな❁
    2018年03月04日
    174人がナイス!しています
  • 理屈では説明のつかない迷い癖がありながらも、深刻さとは程遠い旅本作家の蝋庵、道中の財布を握る現実主義でしっかり者の輪、そして身から出た錆を地で行く、究極の怪異巻き込まれ型の耳彦。三者三様にいい味を出し 理屈では説明のつかない迷い癖がありながらも、深刻さとは程遠い旅本作家の蝋庵、道中の財布を握る現実主義でしっかり者の輪、そして身から出た錆を地で行く、究極の怪異巻き込まれ型の耳彦。三者三様にいい味を出しながら、今日もまた旅先でとんでもない怪現象に遭遇する。今回は特に耳彦主体の超絶恐怖体験が多く、惨いと思いながらもその局面をどう乗り切れるのか、読んでいて楽しくて仕方なかった。まさに「耳彦さんの不幸は楽しいものですからね」である(笑)残酷な大人の童話テイストを醸しながらも、含蓄のある物語は流石の面白さだった。 …続きを読む
    🐾Yoko Omoto🐾
    2016年11月06日
    165人がナイス!しています
  • 旅本を書くため各地をまわる方向音痴の蝋庵と付き人耳彦が遭遇するホラー第2弾。今回は版元のお付きとして輪も同行する。3人の珍道中だが、前作同様奇々怪々な世界に入り込み、危機一髪が繰り広げられる。耳彦の相 旅本を書くため各地をまわる方向音痴の蝋庵と付き人耳彦が遭遇するホラー第2弾。今回は版元のお付きとして輪も同行する。3人の珍道中だが、前作同様奇々怪々な世界に入り込み、危機一髪が繰り広げられる。耳彦の相変わらずのダメぶりが、むしろご愛嬌かな。第1話目の表題作が、なんとも言えずもの悲しい。最終話では蝋庵の生い立ちが少し垣間見え、父親の手がかりが…ということは、次作も楽しみだわ! …続きを読む
    モルク
    2018年04月13日
    153人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品