私の頭が正常であったなら

私の哀しみはどこへゆけばいいのだろう――切なさの名手が紡ぐ喪失の物語。

  • 著者 山白 朝子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784041064351
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

私の頭が正常であったなら

私の哀しみはどこへゆけばいいのだろう――切なさの名手が紡ぐ喪失の物語。

  • 著者 山白 朝子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784041064351

私の哀しみはどこへゆけばいいのだろう――切なさの名手が紡ぐ喪失の物語。

突然幽霊が見えるようになり日常を失った夫婦。首を失いながらも生き続ける奇妙な鶏。記憶を失くすことで未来予知をするカップル。書きたいものを失くしてしまった小説家。娘に対する愛情を失った母親。家族との思い出を失うことを恐れる男。元夫によって目の前で愛娘を亡くした女。そして、事故で自らの命を失ってしまった少女。わたしたちの人生は、常に何かを失い、その哀しみをかかえたまま続いていく。暗闇のなかにそっと灯りがともるような、おそろしくもうつくしい八つの“喪失”の物語。

トピックス

最近チェックした商品