私の頭が正常であったなら

私の哀しみはどこへゆけばいいのだろう――切なさの名手が紡ぐ喪失の物語。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784041064351
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

私の頭が正常であったなら

私の哀しみはどこへゆけばいいのだろう――切なさの名手が紡ぐ喪失の物語。

  • 著者 山白 朝子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784041064351

私の哀しみはどこへゆけばいいのだろう――切なさの名手が紡ぐ喪失の物語。

突然幽霊が見えるようになり日常を失った夫婦。首を失いながらも生き続ける奇妙な鶏。記憶を失くすことで未来予知をするカップル。書きたいものを失くしてしまった小説家。娘に対する愛情を失った母親。家族との思い出を失うことを恐れる男。元夫によって目の前で愛娘を亡くした女。そして、事故で自らの命を失ってしまった少女。わたしたちの人生は、常に何かを失い、その哀しみをかかえたまま続いていく。暗闇のなかにそっと灯りがともるような、おそろしくもうつくしい八つの“喪失”の物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「私の頭が正常であったなら」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 中田氏絶賛も肯ける。タイトルにドキリとするが、8話からなる短編集。幽よりも哀を感じた読書になった。怖くは無い。多分脳ではなくて、皮膚で感じるのだろうか。ささくれ立った私の気持ちも萎えるのが実は心地よ 中田氏絶賛も肯ける。タイトルにドキリとするが、8話からなる短編集。幽よりも哀を感じた読書になった。怖くは無い。多分脳ではなくて、皮膚で感じるのだろうか。ささくれ立った私の気持ちも萎えるのが実は心地よかったりもする。けっして力強い言葉ではないのに、その世界が私を締め付ける。好みはタイトル作と『世界で一番、みじかい小説』『子どもを沈める』山白朝子さん、趣味はたき火とか・・中田氏や乙一氏も一緒にその火を見つめ、手をかざすのだろうか。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2018年03月20日
    239人がナイス!しています
  • 久しぶりの山白さん作品です。やはり、いつものコトながら'さすが'としか言いようがありません。お得意?のホラーあり、ファンタジーあり、ヒューマンありとあらゆる作風で読者をしっかりと楽しませてくれます。こ 久しぶりの山白さん作品です。やはり、いつものコトながら'さすが'としか言いようがありません。お得意?のホラーあり、ファンタジーあり、ヒューマンありとあらゆる作風で読者をしっかりと楽しませてくれます。こういうあらゆる雰囲気の作品をさらりと書けてしまう作者さんはやっぱり天才ですね。個人的には東日本大震災を扱った作品にココロが締め付けられ、ホロリとさせられました。震災後、新たな人生を再スタートする主人公の姿に勇気をもらえました。ちょっぴりホラーでありながら、どこか救いのある作品に読んでいて安心感があります。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2018年03月21日
    223人がナイス!しています
  • 山白朝子さん名義の作品を読むのは3作目。今作もとても素晴らしかった。切なさ哀しみを抱えているけど、どのお話もふわっと優しい光を感じるような救いがありすごくいい。乙一さんの描かれるお話は本当にどの名義の 山白朝子さん名義の作品を読むのは3作目。今作もとても素晴らしかった。切なさ哀しみを抱えているけど、どのお話もふわっと優しい光を感じるような救いがありすごくいい。乙一さんの描かれるお話は本当にどの名義の時も面白さ、巧さに唸らされる。ほんの少し読むだけで一気に物語に惹き込まれ夢中で読んでしまう。表題作と「トランシーバー」「子どもを沈める」が特に心に残る。「トランシーバー」のみ既読で再読でもやっぱり泣いてしまった。書き下ろしの「おやすみなさい子どもたち」もまるで走馬灯を見ているようだった。山白さん作品も大好き。 …続きを読む
    ❁かな❁
    2018年05月20日
    213人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品