試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041010761

死者のための音楽

  • 著者 山白 朝子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041010761

ねえ、音楽は聞こえている?

死にそうになるたびに、それが聞えてくるの――。母をとりこにする、美しい音楽とは。表題作「死者のための音楽」ほか、人との絆を描いた怪しくも切ない七篇を収録。怪談作家、山白朝子が描く愛の物語。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「死者のための音楽」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • じんわりと心に沁み込む短編7作。どれも良い。青白い陽炎が見えるのに手を伸ばしても掴めない感じ。哀しいのに優しくもあるんだ。どこかに忘れてきた感情を鋭い絹の糸で根こそぎ抉るようでもある。怖ろしい、山白朝 じんわりと心に沁み込む短編7作。どれも良い。青白い陽炎が見えるのに手を伸ばしても掴めない感じ。哀しいのに優しくもあるんだ。どこかに忘れてきた感情を鋭い絹の糸で根こそぎ抉るようでもある。怖ろしい、山白朝子は言葉を感覚を操るから堪らない。私はもうその世界に取り込まれたのかもしれない。そばに置いて何時でも何度でもその世界に浸りたい。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2018年06月15日
    183人がナイス!しています
  • 乙一作品も2作読了だけなので、別名義としての作風の違いは分からない。それにしても何とも惹き込まれ、余韻残す秀作7編。そこに描かれるのは心霊、怪奇現象、鬼や巨鳥などの怪物と多岐に渡り、時には曖昧な結末に 乙一作品も2作読了だけなので、別名義としての作風の違いは分からない。それにしても何とも惹き込まれ、余韻残す秀作7編。そこに描かれるのは心霊、怪奇現象、鬼や巨鳥などの怪物と多岐に渡り、時には曖昧な結末にゾワッと、あるいは圧倒的な恐怖とグロさにゾクッとさせられる。その上で、最終編では人の最期を音楽になぞらえ美しく愛まで語ってしまうのは反則!個人的には「井戸を下りる」「黄金工場」での読み進めて匂わされる不穏さと哀愁がお気に入り。「鬼物語」「鳥とファフロッキーズ現象について」での迫力あるドキドキ描写もたまらない。 …続きを読む
    nobby
    2018年05月03日
    122人がナイス!しています
  • ホラーファンタジー7編。幻想的な幽玄の世界に引き込まれる。どの作品も怖いというより哀愁を感じる。「井戸を下りる」「鬼物語」「鳥とファクロッキーズ」そして表題作の「死者のための音楽」余韻が残り、いつまで ホラーファンタジー7編。幻想的な幽玄の世界に引き込まれる。どの作品も怖いというより哀愁を感じる。「井戸を下りる」「鬼物語」「鳥とファクロッキーズ」そして表題作の「死者のための音楽」余韻が残り、いつまでもその感慨にひたっていたい。 …続きを読む
    モルク
    2018年06月06日
    103人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品