試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041029367

鬼龍

  • 著者 今野 敏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041029367

不可解な事件の裏に亡者あり。警察小説の第一人者による、傑作小説。

鬼道衆の末裔として、秘密裏に依頼された「亡者祓い」を請け負う鬼龍浩一。企業で起きた不可解な事件の解決に乗り出すが……。恐るべき敵の正体は? 傑作エンターテインメント。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「鬼龍」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 〈陰陽、憑物、豹変、呪護〉の祓師・鬼龍光一シリーズの原点たる、鬼龍“浩”一の物語。「警察小説の今野」しか知らない人が読むと驚く、ボボ描写多き一冊。格闘シーンは僅かだが、無いわけではない。正直、読後の充 〈陰陽、憑物、豹変、呪護〉の祓師・鬼龍光一シリーズの原点たる、鬼龍“浩”一の物語。「警察小説の今野」しか知らない人が読むと驚く、ボボ描写多き一冊。格闘シーンは僅かだが、無いわけではない。正直、読後の充実感を覚えるほどの作品ではなかったが、気の理論については勉強になった。「陽の気」を持つ男は、バランスを取るために「陰の気」を取り込みたくて陰の気に満ち満ちたキャバクラに行きたがるものらしい。そうして陽の気にあてられたキャバ嬢は、陽の気を発散するためにホストクラブに通うのだと。ほうほう、全ては気のバランスか。 …続きを読む
    グレ
    2021年06月06日
    66人がナイス!しています
  • 相変わらず、卑猥な描写が多くて辟易した。亡者のまぐわるシーンのみならず、鬼龍がつまみ食いしているのにまで付き合う気はないので読み飛ばした。しかし、世の中、陰陽のバランスが大切なので、そっちの方も実は重 相変わらず、卑猥な描写が多くて辟易した。亡者のまぐわるシーンのみならず、鬼龍がつまみ食いしているのにまで付き合う気はないので読み飛ばした。しかし、世の中、陰陽のバランスが大切なので、そっちの方も実は重要だったりする。世の中の少子化も実は、陰陽の乱れが原因なのかな? …続きを読む
    たち
    2020年08月23日
    52人がナイス!しています
  • 鬼道衆の末裔で陽の気を操る鬼龍が、陰の気が凝り固まった「亡者」を祓う。そう言う話ではあったけどちょっと予想していたのとは違って陰=淫で性描写が多く、亡者といっても軽い印象を受けた。しかもシリーズ一作目 鬼道衆の末裔で陽の気を操る鬼龍が、陰の気が凝り固まった「亡者」を祓う。そう言う話ではあったけどちょっと予想していたのとは違って陰=淫で性描写が多く、亡者といっても軽い印象を受けた。しかもシリーズ一作目なのかと思っていたらシリーズの「原点」なのだとか。それなりに面白かったからいいんだけど(^_^;) …続きを読む
    aki
    2019年07月09日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品