角川文庫

入り婿侍商い帖(三) 女房の声

米屋の入り婿・角次郎、藩御用達を目指して邁進す!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年02月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784040704920
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

入り婿侍商い帖(三) 女房の声

米屋の入り婿・角次郎、藩御用達を目指して邁進す!

  • 著者 千野 隆司
  • イラスト 浅野 隆広
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年02月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784040704920

米屋の入り婿・角次郎、藩御用達を目指して邁進す!

旗本家次男の角次郎は縁あって米屋に入り婿した。関宿藩の藩米横流し事件解決に助力した角次郎に、関宿藩勘定奉行配下の朽木弁之助から極秘の依頼が持ちこまれる……。妻と心を重ね、米屋を再興していく物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「入り婿侍商い帖(三) 女房の声」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ3巻目。またしても江戸を出て関東を回り大活躍。そして関藩御用達となり万季の声が出るようになってめでたしめでたし。新たな敵も現れたけどね。 シリーズ3巻目。またしても江戸を出て関東を回り大活躍。そして関藩御用達となり万季の声が出るようになってめでたしめでたし。新たな敵も現れたけどね。
    えむ女
    2017年07月01日
    36人がナイス!しています
  • 副題が「女房の声」だったので、ドキドキしながら読みました。とある事情から声がでなくなった女房・お万季が、とっても一途に角次郎のために行動するのに胸が熱くなりました。シリーズ通しての大きな敵との決着も着 副題が「女房の声」だったので、ドキドキしながら読みました。とある事情から声がでなくなった女房・お万季が、とっても一途に角次郎のために行動するのに胸が熱くなりました。シリーズ通しての大きな敵との決着も着いてあー、終わりか...と思ったらまだ、続くみたいで嬉しいです。 …続きを読む
    フキノトウ
    2015年10月03日
    34人がナイス!しています
  • 前作から引き続き、藩の江戸家老と執拗な嫌がらせを受けた店と組んだ悪だくみが何とか角次郎らが藩を救い御用達になれ一段落。しかし前途多難。 前作から引き続き、藩の江戸家老と執拗な嫌がらせを受けた店と組んだ悪だくみが何とか角次郎らが藩を救い御用達になれ一段落。しかし前途多難。
    baba
    2016年02月07日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品