角川文庫

入り婿侍商い帖(二) 水運のゆくえ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年10月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784040703152
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

入り婿侍商い帖(二) 水運のゆくえ

  • 著者 千野 隆司
  • イラスト 浅野 隆広
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年10月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784040703152

濡れ衣で捕まった夫を救うため、新妻・お万季が取った行動は!?

旗本家次男の角次郎は縁あって米屋に入り婿した。米不作の中で仕入れを行うべく、水運盛んな関宿城下へ向かった角次郎だが、藩米横流しの濡れ衣で投獄されてしまう……。妻と心を通わせ、米屋を繁盛させる物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「入り婿侍商い帖(二) 水運のゆくえ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 入り婿侍商い帖 「水運のゆくえ」2巻。相変わらずの佐柄木屋からの嫌がらせ、米の仕入れ先で藩米の横流し濡れ衣で牢屋へと、なかなか思うように進まず角次郎さんも焦りとイライラ読みてもイライラでしたが、最後に 入り婿侍商い帖 「水運のゆくえ」2巻。相変わらずの佐柄木屋からの嫌がらせ、米の仕入れ先で藩米の横流し濡れ衣で牢屋へと、なかなか思うように進まず角次郎さんも焦りとイライラ読みてもイライラでしたが、最後に大量米が手に入って少し商いが前進したかな。 …続きを読む
    とし
    2018年02月14日
    109人がナイス!しています
  • 2巻になって面白くなってきた。舅が狸オヤジなのが良いアクセント。江戸にばかりいないで関東を米の買い付けに回る情景が良い。 2巻になって面白くなってきた。舅が狸オヤジなのが良いアクセント。江戸にばかりいないで関東を米の買い付けに回る情景が良い。
    えむ女
    2017年06月30日
    37人がナイス!しています
  • 悪の佐柄木屋との攻防は、まだ続きそうですね。それにしても、やり方が汚いな。今度こそ!と思ったんだけど。妻と、思い遣り助け合う夫・角次郎が相変わらず素敵でした。面白かったです。 悪の佐柄木屋との攻防は、まだ続きそうですね。それにしても、やり方が汚いな。今度こそ!と思ったんだけど。妻と、思い遣り助け合う夫・角次郎が相変わらず素敵でした。面白かったです。
    フキノトウ
    2015年04月27日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品