角川文庫

幻夏

23年前の夏、失踪した親友は何を求め、何を失ったのか――

  • 著者 太田 愛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041059357
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

幻夏

23年前の夏、失踪した親友は何を求め、何を失ったのか――

  • 著者 太田 愛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041059357

23年前の夏、失踪した親友は何を求め、何を失ったのか――

「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」毎日が黄金に輝いていたあの夏、同級生に何が起こったのか――少女失踪事件を捜査する刑事・相馬は、現場で奇妙な印を発見し、23年前の苦い記憶を蘇らせる。台風一過の翌日、川岸にランドセルを置いたまま、親友だった同級生は消えた。流木に不思議な印を残して……。少年はどこに消えたのか? 印の意味は? やがて相馬の前に恐るべき罪が浮上してくる。司法の信を問う傑作ミステリー。日本推理作家協会賞候補作。

おすすめコメント

この胸の痛みをひとことで感動と呼べるのだろうか。あふれだす悲しみに僕はただ、無力だった。
――及川光博(ミュージシャン・俳優)

人の心の中に棲む鬼を炙り出す。骨太で繊細なエンターテインメント!
――松本基弘(テレビ朝日「相棒」プロデューサー)

息もつかず読み、何度も胸をしめつけられた。太田さんの凄みを感じた。
――長崎俊一(映画監督)

謎が謎を生む連鎖。ミステリーの極限に挑む息詰まる展開は夏のように熱い。
――森村誠一(作家)

読者はもはやページをめくる手を止められまい。
クライマックスの圧倒的な緊迫感は、第一級!
――村上貴史(ミステリ書評家)

トピックス

この著者の商品

最近チェックした商品