試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041059357

幻夏

  • 著者 太田 愛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041059357

23年前の夏、失踪した親友は何を求め、何を失ったのか――

「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」毎日が黄金に輝いていたあの夏、同級生に何が起こったのか――少女失踪事件を捜査する刑事・相馬は、現場で奇妙な印を発見し、23年前の苦い記憶を蘇らせる。台風一過の翌日、川岸にランドセルを置いたまま、親友だった同級生は消えた。流木に不思議な印を残して……。少年はどこに消えたのか? 印の意味は? やがて相馬の前に恐るべき罪が浮上してくる。司法の信を問う傑作ミステリー。日本推理作家協会賞候補作。

おすすめコメント

この胸の痛みをひとことで感動と呼べるのだろうか。あふれだす悲しみに僕はただ、無力だった。
――及川光博(ミュージシャン・俳優)

人の心の中に棲む鬼を炙り出す。骨太で繊細なエンターテインメント!
――松本基弘(テレビ朝日「相棒」プロデューサー)

息もつかず読み、何度も胸をしめつけられた。太田さんの凄みを感じた。
――長崎俊一(映画監督)

謎が謎を生む連鎖。ミステリーの極限に挑む息詰まる展開は夏のように熱い。
――森村誠一(作家)

読者はもはやページをめくる手を止められまい。
クライマックスの圧倒的な緊迫感は、第一級!
――村上貴史(ミステリ書評家)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「幻夏」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「犯罪者」の続編。前作の事件から数年後を舞台に、23年前の未解決事件、殺人の冤罪事件、不信な事故死を絡めた偏向する権力を暴く物語。巧みな仕掛けは詳細におよび、それらが明らかとされる絶妙なタイミングで、 「犯罪者」の続編。前作の事件から数年後を舞台に、23年前の未解決事件、殺人の冤罪事件、不信な事故死を絡めた偏向する権力を暴く物語。巧みな仕掛けは詳細におよび、それらが明らかとされる絶妙なタイミングで、非常に見事なサスペンス。太田さんの才能に感服である。主題は、社会正義の危うさ。それを確信的に描く。社会を形づける規則。規則は多数が共感し共有することが原則だが、その効力範囲を確保するため同時に罰も設定する。そのため権力化した規則は、扱う人間で社会は大きく変化するだけなく、操作される。この危うさや不条理を表現。 …続きを読む
    ろくせい
    2019年11月17日
    454人がナイス!しています
  • 太田愛さん、あなたが気になって眠れません❕ 目隠しをされてフジヤマかスチールドラゴン(共にジェットコースター)に乗せられたような疾風迅雷・予測不能のストーリー展開、どうか平穏にと願う甘っちょろい読者を 太田愛さん、あなたが気になって眠れません❕ 目隠しをされてフジヤマかスチールドラゴン(共にジェットコースター)に乗せられたような疾風迅雷・予測不能のストーリー展開、どうか平穏にと願う甘っちょろい読者を嘲笑うような悲憤慷慨の結末 久し振りに寝不足の朝です❕(笑) それにしても考えさせられるテーマですね「冤罪」は… …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2020年05月19日
    372人がナイス!しています
  • 常盤さんの言葉「ひとりの無辜を守るために、十人の真犯人を逃がすような社会、そんな危険極まりない社会を人々が望んでいるとは思えない」 一理ある、と思ってしまう自分にも腹が立つ。 頭の悪い自分は、司法制度 常盤さんの言葉「ひとりの無辜を守るために、十人の真犯人を逃がすような社会、そんな危険極まりない社会を人々が望んでいるとは思えない」 一理ある、と思ってしまう自分にも腹が立つ。 頭の悪い自分は、司法制度がどうだ、とか、そんなことは分からない。 ただ、柴谷さんを冤罪に導いた人達は8年間刑務所に入り、家族を奪われればいい、と思ってしまう。 …続きを読む
    らぱ
    2018年08月20日
    329人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品