彼らは世界にはなればなれに立っている

彼らは世界にはなればなれに立っている

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041138625
label

彼らは世界にはなればなれに立っている

  • 著者 太田 愛
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041138625

社会派エンターテインメントの雄が贈る衝撃作

「わたしたちの過去も現在も未来も写しとられている。恐るべき傑作だ」(解説より) 翻訳家 鴻巣友季子

「最初のひとりがいなくなったのはお祭りの四日後、七月最初の木曜日のことだった」――
ここは〈始まりの町〉。物語の語り手は四人――初等科に通う十三歳のトゥーレ、なまけ者のマリ、鳥打ち帽の葉巻屋、窟の魔術師。彼らが知る、彼らだけの真実を繋ぎ合わせたとき、消えた人間のゆくえと町が隠し持つ秘密が明らかになる。人のなし得る奇跡とはなにか――。
社会派エンターテインメントで最注目の作家が描く、現代の黙示録!

高知市の「TSUTAYA中万々店」書店員、山中由貴さんが、お客様に「どうしても読んで欲しい」1冊に授与する賞、第4回山中賞受賞作。
「わたしたちの過去も現在も未来も写しとられている。恐るべき傑作だ」(解説より) 翻訳家 鴻巣友季子

「最初のひとりがいなくなったのはお祭りの四日後、七月最初の木曜日のことだった」――
ここは〈始まりの町〉。物語の語り手は四人――初等科に通う十三歳のトゥーレ、なまけ者のマリ、鳥打ち帽の葉巻屋、窟の魔術師。彼らが知る、彼らだけの真実を繋ぎ合わせたとき、消えた人間のゆくえと町が隠し持つ秘密が明らかになる。人のなし得る奇跡とはなにか――。
社会派エンターテインメントで最注目の作家が描く、現代の黙示録!

高知市の「TSUTAYA中万々店」書店員、山中由貴さんが、お客様に「どうしても読んで欲しい」1冊に授与する賞、第4回山中賞受賞作。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

序 章 
第一章 始まりの町の少年が語る羽虫の物語
第二章 なまけ者のマリが語るふたつの足音の物語
第三章 鳥打ち帽の葉巻屋が語る覗き穴と叛乱の物語
第四章 窟の魔術師が語る奇跡と私たちの物語
解説 鴻巣友季子

「彼らは世界にはなればなれに立っている」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ディストピアです。読んでてだんだん陰鬱になってくる。羽虫を虐げることで自分を保っていたけれど結局元々の住民も巻き込まれていく。財力、権力ある方が優位で貧富の差にもなる。この世界は現代社会と同じ。そうな ディストピアです。読んでてだんだん陰鬱になってくる。羽虫を虐げることで自分を保っていたけれど結局元々の住民も巻き込まれていく。財力、権力ある方が優位で貧富の差にもなる。この世界は現代社会と同じ。そうなる前に声を出して行動して、それを次世代にも伝えて抗うことをし続けなきゃいけなかった。1人で無理でも大勢なら動かせたはず。諦めちゃダメだ、と考えさせられる話。「機械に乗っているのは、なんと人間だった。人間が、男も女も子供も年寄りもひとしなみに焼き殺している。どんな理由があれば、人が人にこんなことができるのか。」 …続きを読む
    ソルティ
    2024年01月11日
    245人がナイス!しています
  • テレビドラマの「相棒」の脚本などを書かれていてかなり硬派な作品をものにしておられる太田さんが、かなり今までとは異なる感じの作品を書き上げられました。ある意味ディストピア小説(オーウェルの「1984年」やハ テレビドラマの「相棒」の脚本などを書かれていてかなり硬派な作品をものにしておられる太田さんが、かなり今までとは異なる感じの作品を書き上げられました。ある意味ディストピア小説(オーウェルの「1984年」やハックスリーの「素晴らしい新世界」を目指したもの)で架空の世界の状況を4人の眼から様々な事件を描いています。今後の日本の方向性をエッセンスだけ取り出して物語化したとしか考えられません。評価は分かれると思いますが私は楽しみました。 …続きを読む
    KAZOO
    2023年09月05日
    118人がナイス!しています
  • 祭りの華やいだ日を境に「始まりの町」は変わっていった。移民に対して「羽虫」と蔑む人々。様々な立場で思惑が異なる。人々は考える事を止めたら、それは滅びの始まりである。独裁者の世襲。疑問にも思わない。世を 祭りの華やいだ日を境に「始まりの町」は変わっていった。移民に対して「羽虫」と蔑む人々。様々な立場で思惑が異なる。人々は考える事を止めたら、それは滅びの始まりである。独裁者の世襲。疑問にも思わない。世を正そうとする者は志し半ばで消される。全てを理解し、世の中の儚さを抱きながらも、新天地で「魔術師」の安寧を祈る。過去・現在・未来にもある悲劇。断ち切らねばならない。 …続きを読む
    のり
    2024年01月18日
    81人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品