試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041084151

天上の葦 下

  • 著者 太田 愛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041084151

日常を静かに破壊する犯罪。 気づいたのは たった二人だけだった。

失踪した公安警察官を追って、鑓水、修司、相馬の三人が辿り着いたのは瀬戸内海の離島だった。山頂に高射砲台跡の残る因習の島。そこでは、渋谷で老人が絶命した瞬間から、誰もが思いもよらないかたちで大きな歯車が回り始めていた。誰が敵で誰が味方なのか。あの日、この島で何が起こったのか。穏やかな島の営みの裏に隠された巧妙なトリックを暴いた時、あまりに痛ましい真実の扉が開かれる。――君は君で、僕は僕で、最善を尽くさなければならない。すべての思いを引き受け、鑓水たちは力を尽くして巨大な敵に立ち向かう。『犯罪者』『幻夏』(日本推理作家協会賞候補作)に続く待望の1800枚巨編!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「天上の葦 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★★★★★★★巨悪との対立軸が明確となる下巻。正光の過去を知る人物「白狐」の手掛かりを求めて辿り着いた瀬戸内海の離島で、鑓水らは島民がひた隠しにする〝何か〟の存在を確信する。あの日、この島で何が ★★★★★★★★★★巨悪との対立軸が明確となる下巻。正光の過去を知る人物「白狐」の手掛かりを求めて辿り着いた瀬戸内海の離島で、鑓水らは島民がひた隠しにする〝何か〟の存在を確信する。あの日、この島で何が起きたのか。『犯罪者』では企業の利益主義を、『幻夏』では冤罪を生む司法の闇を描いていたが、本作では権力とジャーナリズムのあり方を深く考えさせられた。戦時中はマスコミが屈した言論統制の壁に、現代ならではのツールを駆使して対抗する鑓水らに関心するとともに、この作品をタブー度外視で描き切った著者にも敬意を表したい。 …続きを読む
    イアン
    2021年12月10日
    217人がナイス!しています
  • 元・産科医の「正光」と「白狐」の関係が明らかになるにつれていたたまれなくなる。第二次世界大戦での苦悩は当事者でなければわからない。いくら時が経とうとも憤り、無念さが消えることはない。メディアや新聞の犠 元・産科医の「正光」と「白狐」の関係が明らかになるにつれていたたまれなくなる。第二次世界大戦での苦悩は当事者でなければわからない。いくら時が経とうとも憤り、無念さが消えることはない。メディアや新聞の犠牲。国家権力の横暴。再び起こる圧力。「鑓水」達が知恵を絞り、何者にも屈しない姿勢に感服。子供達が自由に生きる世の中が最低限願うことだ。 …続きを読む
    のり
    2020年09月23日
    195人がナイス!しています
  • この文庫化と時を同じくしてこんなニュースが流れました。この小説での登場人物と同じような思いをしてきた方々が現実にいたことを改めて思い出させてくれる、あるいは現実からの最後の警告かもしれないと感じました この文庫化と時を同じくしてこんなニュースが流れました。この小説での登場人物と同じような思いをしてきた方々が現実にいたことを改めて思い出させてくれる、あるいは現実からの最後の警告かもしれないと感じました。<元特攻90代兄弟最後の証言、時代に迎合を悔恨「なぜ死ぬ覚悟で戦争に反対しなかったか」>https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=voice&id=5874341 …続きを読む
    MF
    2019年11月23日
    182人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品