正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い!

正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い! 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年08月25日
商品形態:
電子書籍

正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い!

  • 著者 阿川 佐和子
発売日:
2016年08月25日
商品形態:
電子書籍

検事のお仕事は笑いと涙に溢れてる!? まっすぐヒロイン凜々子登場!

東京下町の豆腐屋生まれの凜々子はまっすぐに育ち、やがて検事となる。法と情の間で揺れてしまう難事件、恋人とのすれ違い、同僚の不倫スキャンダル……山と谷ばかりの日々にも負けない凜々子の成長物語。

※本書は、二○一三年二月に小社より刊行された単行本「正義のセ」を、改題のうえで文庫化したものが底本です。

メディアミックス情報

NEWS

「正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い!」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 阿川さんの小説は初読です。ドラマの豆腐屋一家の印象がぴったりでした。下町気質の融通が効かない新米検事凛々子の成長期。一本気で真っ直ぐだけど危なっかしい凛々子。思わず頑張れと声をかけたくなりました! 阿川さんの小説は初読です。ドラマの豆腐屋一家の印象がぴったりでした。下町気質の融通が効かない新米検事凛々子の成長期。一本気で真っ直ぐだけど危なっかしい凛々子。思わず頑張れと声をかけたくなりました!
    ゴンゾウ
    2019年01月25日
    108人がナイス!しています
  • コメディタッチの女性検事の物語。ドラマとは若干人物設定やストーリーが異なるため、ドラマを観ていても、あまり重複せずに小説は小説として楽しめる。ドラマでは事件解決に重きが置かれているが、原作は主人公の家 コメディタッチの女性検事の物語。ドラマとは若干人物設定やストーリーが異なるため、ドラマを観ていても、あまり重複せずに小説は小説として楽しめる。ドラマでは事件解決に重きが置かれているが、原作は主人公の家族や恋人、友人など、プライベートな話をメインに据えている。そのため事件の方は意外にあっさり片がつく。でも、それはそれで面白い。ドラマほど猪突猛進タイプの主人公じゃないから、そつなく仕事をこなしていくのかなと思いきや、スイッチが入った時の豹変ぶりが面白すぎ。検事だって普通の人間だってことだね。 …続きを読む
    future4227
    2018年05月12日
    63人がナイス!しています
  • ドラマ化ということで、読む。ドラマは見ないが、、。「廊下トンビ」、空いている検事に相談をかけること、でも、大事なこと。家族がいることは、大きな支え。一人暮らしの同僚が増えたが、仕事に疲れたときに、ひ ドラマ化ということで、読む。ドラマは見ないが、、。「廊下トンビ」、空いている検事に相談をかけること、でも、大事なこと。家族がいることは、大きな支え。一人暮らしの同僚が増えたが、仕事に疲れたときに、ひふと支えてくれる存在はありがたい。「ユウズウキカンチン」、まっすぐな凜々子、3章でぶちまけるところがあるが、自分の弱味を出す人間らしさもまたいいのかも。被疑者もよい方に向かってほしい。交通事故のやりきれないが、相手の将来を大事にしていく、当事者だったらどうなのだろう?事故には気を付けなければ。続きを読みます。 …続きを読む
    のぶのぶ
    2018年04月15日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品