八月の六日間

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年05月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041015544

八月の六日間

  • 著者 北村 薫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年05月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041015544

生きづらい世の中を生きる全ての人たちにエールを送る山女子小説!

40歳目前、文芸誌の副編集長をしているわたし。仕事は充実しているが忙しさに心擦り減る事も多く、私生活も不調気味。そんな時に出逢った山の魅力にわたしの心は救われていき……。じんわりと心ほぐれる連作長編。


おすすめコメント

なぜ山へ登ると心も体も元気になるのか。この本はそのことを教えてくれます。
――藤井フミヤ(歌手)

自分も山を歩いて無心になった気分になれる。この小説には心身の浄化作用があります。
――瀧井朝世さん(ライター)

“山って何がいいの?”と訊かれた時の、すすめたいポイントがぎゅっと詰まっています。
――華恵さん(エッセイスト)

ヒロイン小説好きにも、山小説好きにも、太鼓判付きでお薦めします!!
――吉田伸子さん(書評家)「本の旅人」2014年6月号より

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

「八月の六日間」著者インタビュー


「八月の六日間」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 40歳目前、人生の不調が重なって、山歩きを始めた女性。山歩きで出逢った様々な人との一期一会、自然の美しさと恐ろしさ、ほどけていく心。主人公の「わたし」は、山で出逢った人に密かにあだ名を付けて「麝香鹿さ 40歳目前、人生の不調が重なって、山歩きを始めた女性。山歩きで出逢った様々な人との一期一会、自然の美しさと恐ろしさ、ほどけていく心。主人公の「わたし」は、山で出逢った人に密かにあだ名を付けて「麝香鹿さん」とか「ヘンクツさん」とか呼んでいたけれど、その感じ、よく分かる。私は山歩きはしないけれど、音楽をやっているので、ライブで共演するミュージシャンを、密かにあだ名で呼んでいたりする。「チェック君」とか、「前髪ちゃん」とか、ね。本名も、本職も知らないけれど、同じ何かで繋がれることって、何かいいなぁと思う。 …続きを読む
    風眠
    2014年11月08日
    491人がナイス!しています
  • 山歩き?登り?の内容だとは思わなかった。登場人物を取り巻く人々は皆毒もなくよい人ばかり。主役のキャリア女子は人見知り団体行動苦手…で好印象と思いきや、意外に人を見る目に毒があり、おとなしめの女性が腹の 山歩き?登り?の内容だとは思わなかった。登場人物を取り巻く人々は皆毒もなくよい人ばかり。主役のキャリア女子は人見知り団体行動苦手…で好印象と思いきや、意外に人を見る目に毒があり、おとなしめの女性が腹の中ではこう毒づいてる…あるある、と愉快だった。中身の性格まで綺麗にまとめてなくてよかった。近づかないでおこう…とか非常に賛同したくなる地味女子の腹の中。章の冒頭に書いてある地図をたどりながら、意外に山を全く知らない私でも楽しめた。20 …続きを読む
    barabara
    2014年06月26日
    344人がナイス!しています
  • 小説というより女性向け登山&旅行ガイド+恋愛&人生エッセイ。北村さんの女子力、半端ないな。と言いつつ、やっぱり男の人が頭で作った女性像という感じがするんだけど。この小説だけでなく、北村さんのヒロイン全 小説というより女性向け登山&旅行ガイド+恋愛&人生エッセイ。北村さんの女子力、半端ないな。と言いつつ、やっぱり男の人が頭で作った女性像という感じがするんだけど。この小説だけでなく、北村さんのヒロイン全般ね。これは決して否定的見解ではない。 …続きを読む
    紅はこべ
    2015年04月19日
    326人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

山歩き歴3年で、今年こそアルプスを歩きたいと思っている私としては、作品中の山の様子など、とてもリアルで楽しく、今すぐにでも山へ行きたいと思ってしまいました。出版社勤務の主人公のお話で、仕事ぶりも物語に出てくるので、そういうお仕事に興味ある人にもおススメな一冊でしょうか。(にゃんこたんさん)

わたしにとっては、私自身の物語を言語化してもらったような、自分の中にある思い出を呼び覚まされる作品でした。ふだんなら、連続性の無い短編集でさえ、一気に読むことを好む私ですが、この本は、一話ごとに間に時間を置きたくなりました。わたし自分が山を登るときには、この本を持っていきたい。(ちゃちゃさん)

読後のすがすがしさ、希望が湧いてくる、自分を好きになれるこの感じ、毎回ながら素晴らしいと感じました。読み終えた時のスッキリ感は、主人公の成長を確かに感じられることと同時に、曖昧なまま上手に散りばめられた伏線が、緩やかに、でも素早く繋がって実を結ぶ気持ち良さもあると思いました。(mocca*さん

著者紹介

北村 薫(きたむら かおる)

1949年埼玉県生まれ。早稲田大学卒。高校教師として教えるかたわら、89年『空飛ぶ馬』でデビュー。
91年『夜の蝉』で第44回日本推理作家協会賞、2006年『ニッポン硬貨の謎』で第6回本格ミステリ大賞を受賞(評論・研究部門)、09年『鷺と雪』で第141回直木賞を受賞。その他の小説に『覆面作家は二人いる』『スキップ』『街の灯』『冬のオペラ』『いとま申して 「童話」のひとびと』『飲めば都』などがある。
また、『書かずにはいられない』などのエッセイや、『読まずにいられぬ 名短篇』(宮部みゆき氏との共編)などアンソロジー編著も多数。

この著者の商品

最近チェックした商品